日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 謎多き「二日酔い」の真相、実は軽い離脱症状だった!?  > 2ページ
印刷

左党の一分

謎多き「二日酔い」の真相、実は軽い離脱症状だった!?

二日酔いには水と糖分! お勧めはオレンジジュース

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「とはいえ、有力な説はいくつか出ています。以下に触れたような、『軽度の離脱症状』『ホルモン異常・脱水・低血糖』…などです。これらの単独の要因により二日酔いが起こるのではなく、これらの要因(いまだ判明していない未知の要因も含む)が複雑にからみあって、二日酔いになるというのが現時点で最も適切な説明といえるでしょう」(樋口さん)


現在考えられている「二日酔いの助長要因」の候補

〇軽度の離脱症状
〇ホルモン異常・脱水・低血糖など
〇酸塩基平衡のアンバランスや電解質の異常
〇炎症反応の亢進
〇睡眠や生体リズムの障害
〇アセトアルデヒドの蓄積
〇胃腸障害
〇酒に含まれるコンジナーの影響
〇微量に含まれるメタノールの影響

※厚生労働省 e-ヘルスネット「二日酔いのメカニズム」(樋口進)を基に作成

二日酔いは「プチ・アルコール離脱症状」?

 樋口さんはこのように列挙してくれたが、恥ずかしながら、ほとんどの項目が理解不能である。特にわからないのが1番目の「離脱症状」である。これって、いわゆるアルコール依存症の患者の方が、お酒を控えると起こすといわれる離脱症状ですか?

 「そうです。その離脱症状です。二日酔いは『軽度のアルコール離脱症状が原因』といわれる説があるのです」と樋口さん。えっ?! 先生、サラッと口にされましたが、「アルコールの離脱症状」って、アルコール依存症の方の特有の症状なのではないのでしょうか?

 「アルコール離脱症状は、確かにアルコール依存症の方が経験するものです。アルコールを飲むと脳は『機能変化(*1)』を起こします。機能変化を起こした脳は、元に戻ろうと働くのですが、この際に出る典型的な症状が、吐き気、動悸、冷や汗、手が震えるといったものです。こうした不快な症状が俗に言う『禁断症状』と呼ばれるものです。アルコール依存症の方はこの禁断症状に耐えることができないため、アルコールを終始飲み続けることで、脳が機能変化を起こしっぱなしの状態にあるのです」(樋口さん)

*1 ここで言う「機能変化」とは、脳の神経機能などに作用し、麻痺するなど変化を起こすことを指す。

 「わかりやすい例を挙げると、お酒を飲んで寝ると、寝つきはいいけど、夜中に目が覚めるという経験をされた方は少なくないと思います。眠りが浅くなるわけですが、その理由の1つとして禁断症状が起きているのではないか、という説があります。(アルコール依存症で)禁断症状があると眠れなくなりますから。つまり、禁断症状のミニ版が起きていて、それで睡眠が浅くなるという解釈です」(樋口さん)

二日酔いは「プチ・アルコール離脱症状」と解釈することもできる。(c)dolgachov-123RF

 怖い…。これを聞くだけで、「二日酔いになるまで、もう飲みません」とできない誓いを立ててしまいそうになる。

 「二日酔いと離脱症状の自律神経症状を見ると、どちらも似ています。まだメカニズムが明白になっていないにせよ、二日酔いで起こる症状と、アルコール離脱症状に共通点が多いところを見ると、『二日酔いはアルコール離脱症状の軽症・短時間バージョン』と解釈することも可能なのです」(樋口さん)

 なるほど、つまり二日酔いは「プチ・アルコール離脱症状」といったところだろうか。絶対にお勧めしないが、二日酔いでしんどいとき、迎え酒をすると、あくまで一時的だが、それまでの不快な症状が吹き飛び、スッキリしてしまうことがある。これも、二日酔いがプチ離脱症状だと考えれば理解しやすい。

 ちなみに、バー経営をしていた知人は、結局この「プチ・アルコール離脱症状」の繰り返しでアルコール依存症になってしまった。「ただの二日酔い」と甘く見てはいけないのだ。

 ただし、樋口さんによると、脳波検査の結果を診ると、離脱時期のものと二日酔い時で正反対のパターンをとることから、この解釈について異議を唱えている研究者もいるのだそうだ。話はそう簡単ではないのだ。

 「二日酔いの機序は非常に複雑です。覚醒剤やタバコ(ニコチン)はミリグラム(mg)単位で、特定の神経に影響を与えるのに対し、アルコールはグラム(g)単位で摂取しますから、圧倒的に摂取量が多い。覚醒剤などは脳の特定の部分に選択的に働くのですが、お酒は脳内のさまざまな神経に影響を及ぼすのです。例えば、快楽やひらめきに寄与するドーパミン神経、興奮性伝達物質に関わるグルタミン酸神経、鎮静効果をもたらすGABA受容体など、さまざまな神経系に対し、多岐にわたって影響を与えます。これらの影響を合算したものが『酔い』なのです。それ故に複雑で、一筋縄では解明できないのです」(樋口さん)

酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.