日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 「お酒でクスリ」はギリギリセーフ?  > 4ページ
印刷

左党の一分

「お酒でクスリ」はギリギリセーフ?

お酒で薬は厳禁! 薬が効きすぎて深刻な事態に陥る危険も

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

飲酒後に薬を飲むなら、最低3~4時間は空ける

 ここまでで挙げた例は、数ある薬のごく一部だ。薬によって影響はさまざまとはいえ、やはりお酒で薬を飲むのは止めた方がいいことは十分にわかった。

 とはいえ実際問題、お酒なしの1日など考えられないという左党は多いだろう。朝昼晩と薬を服用するように指示されたら、いつお酒を飲めばいいというのか。また、飲み会の前に普通に飲んでいる胃腸薬のような薬もある。これはどうなのだろうか。

 まずは、お酒を飲んだ後。飲酒後、どのくらい時間をあければ薬を飲んでもいいのだろう。

 飯嶋さんは、「そもそも病気で薬を飲んでいるときは、お酒を控えていただきたいのですが…」と前置きしながらこう説明してくれた。

 「体重、性別などによってアルコールの体内消失時間は異なります。アルコール健康医学協会では、体重約60kgの成人男性で、1単位(純アルコール20g=ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールが体内から消えるまでに約3~4時間かかると説明しています(詳しくはアルコール健康医学協会のページを参照)。このため、飲酒後に薬を飲む場合は、あくまでも目安ですが、最低3~4時間は空けてください」(飯嶋さん) 

 なるほど、薬を飲むなら、アルコールが代謝され、アルコールの影響がなくなった後にするということだ。今後は、最低3~4時間は空けるようにしよう。なお、酒量が2単位になれば、体内に残る時間は約6~7時間と長くなるので、多く飲んだらそれだけ間隔を空ける必要があることにも注意したい。

 では、薬を飲んだ後の飲酒はどうなのだろうか。飲み会前の胃腸薬は?

 「薬の代謝速度・排泄速度(半減期)は薬によって異なりますので、薬を何時間前に飲んだから大丈夫ということは一概には言えません。ただし、胃粘膜の保護・修復を目的とする胃薬、肝臓の保護が目的のドリンク剤は、飲酒の前に飲んでも大丈夫です。ただし、なかにはアルコールと併用できない医薬品もあるので、事前に専門家に確認してください」(飯嶋さん)

 なるほど。私もそうだが、飲み会の前に、胃薬や肝臓に効くドリンク剤を飲むという人は多いだろう。これはセーフなわけで一安心だ。ただ飯嶋さんのアドバイスのように、購入時には飲酒前に飲んでいいかを確認するようにしよう。

       ◇         ◇         ◇

 恥ずかしながら、これまで私は、「水で飲もうが、お酒で飲もうが、おなかの中に入ったら大した違いはない」などと思っていた。あったとしても、ささいな違いだろうと。だが、今回飯嶋さんの話を聞いていると、さすがにそんなことは言えなくなった。

 風邪のときくらい休肝日だと思って、酒を断ったほうがよさそうである。そもそも風邪の一番の薬は休養だ。働き者の肝臓をいたわってあげてほしい。

飯嶋久志(いいじま・ひさし)さん
一般社団法人千葉県薬剤師会 薬事情報センター長
飯嶋久志(いいじま・ひさし)さん 1994年日本大学薬学部卒業。薬剤師、博士(薬学)。千葉県薬剤師会 薬事情報センター主任研究員などを経て、2007年から現職。日本医薬品情報学会 理事、日本薬剤師会 臨床・疫学研究推進委員会 副委員長なども務める。鍼灸師、感染性廃棄物安全処理推進者の資格も保有。地域医療連携の推進や医療の質を向上するため、調査・研究やそれに基づいた対策に取り組んでいる。
酒好き医師が教える再考の飲み方

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.