日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 「お酒でクスリ」はギリギリセーフ?  > 3ページ
印刷

左党の一分

「お酒でクスリ」はギリギリセーフ?

お酒で薬は厳禁! 薬が効きすぎて深刻な事態に陥る危険も

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

風邪薬や痛み止めも注意が必要

 では、家庭の常備薬とも言える痛み止めや風邪薬など、ドラッグストアで簡単に入手できる薬はどうなのだろうか。

 「もちろん、市販薬で注意が必要な薬もたくさんあります。例えば、痛み止めや風邪薬に含まれているアセトアミノフェンは、通常、グルクロン酸抱合、硫酸抱合、CYP2E1による3種の代謝経路を中心に体外に排出されます。このうちCYP2E1はアセトアミノフェンをN-アセチル-p-ベンゾキノンイミン(NAPQI)に変化させます。このNAPQIには肝毒性がありますが、さらにグルタチオン抱合を受けることで、最終的にはメルカプツール酸として体外に排泄されます。しかし、アルコール常飲者ではCYP2E1の誘導により、NAPQIの生成が進み、グルタチオン抱合が限界を超えると、NAPQIが蓄積して肝障害を起こします」(飯嶋さん)

 なるほど、普段からお酒を飲んでいる者としては、特に注意が必要なようだ。…今更ながら反省。

アレルギー性鼻炎用の薬への影響は?

 痛み止めや風邪薬が出たところで、これからの季節にお世話になるアレルギー性鼻炎(花粉症)用の薬についても知っておきたいところである。

 「かつてのアレルギー性鼻炎用の薬は、アルコールとの併用で眠気が増すと言われていました。最近では、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)などのように中枢神経抑制作用が少ない医薬品が開発されており状況は変わりつつあるものの、中枢神経に対する作用には薬剤によって程度の差があります。個々の薬剤については必ず専門科に相談するようにしてください」(飯嶋さん)

 私も花粉症の季節はアレルギー剤を服用するが、確かに最近の抗アレルギー薬は眠気がマシになったように思う。とはいえ、アルコールとの相互作用が完全に否定されていないとなると、お酒と一緒に服用するのは避けたほうがよさそうだ。

酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.