日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?
印刷

左党の一分

正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?

正月特有の味付けで酒もご飯も進んでしまう!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

お正月の休みが明けて体重計に乗ると、明らかに体重が増えている、ということはないだろうか。こうした「正月太り」は、酒の飲み過ぎが原因で起こるのか。それとも、おせち料理などの食べ過ぎが原因なのか。そして、正月太りを解消するためには、どんな食材をとるといいのか? 酒ジャーナリストの葉石かおりさんが、管理栄養士で大人のダイエット研究所代表の岸村康代さんに話を聞いた。

お正月太りの原因は、おせち料理なのか、酒の飲み過ぎなのか……。 (c)kappachan-123RF (c)wnaoki-123RF

 年始明けに怖いもの、それは体重計である。

 年末に仕事を納めた後の解放感、そして「お正月だからいいか」という悪魔の言葉のダブル攻撃によって、戒めから解き放たれた酒飲みの食欲&酒欲はとどまることを知らない。

 特に正月は、「飲んでください」とばかりのアテが並ぶおせち料理がトリガーとなる。暖房の効いた暖かい部屋で、ゴムのパンツをはいて朝からおせちをつまみながら飲む酒といったらもう……。この甘やかし状態を三が日にわたって繰り広げるのだから、太らないワケがない。そして1月4日の朝、体重計に乗って悲鳴を上げるのが恒例となっている。

 いや、「恒例」とか言っている場合ではない。普段せっかく厳しい体重管理をしているのに、たった数日間で、その努力が水の泡になってしまうなんて! いったい、太るのは酒が原因なのか、正月料理の食べ過ぎが原因なのか。ここはもう、ダイエットのプロに、正月太りの原因と、それを解消する方法について指導していただくしかない。数千人のダイエット指導を行ってきた管理栄養士で、大人のダイエット研究所代表の岸村康代さんにお話を伺った。

おせち料理の「味付け」に秘密が…

 先生、すっかり“巨大化”してしまいました(涙)。年末年始って、どうしてこう太るんでしょう?

 「ズバリ、食べたり飲んだりして摂取したエネルギーの量と、体を動かして消費したエネルギーの量のバランスが悪いのです。普段は、通勤などで歩いたり、駅の階段を上り下りしたりしていますが、年末年始はそれがなくなり、運動量がぐっと少なくなります。それに加え、お休みなので時間もあります。暇を持て余すと、口さみしくなって、つい食べてしまう。動かないのに、必要以上に飲んだり食べたりする。これが太ってしまう原因です」(岸村さん)

 うう、耳が痛い。分かっていても、年末年始は欲望が抑えられなくなる。さらに今は、新型コロナウイルスの影響でステイホームが良しとされているので、外出しなくなり、ますます運動量は減るばかりである。

 動かないのにだらだら食べてしまうのに加え、おせち特有の味付けもまた、正月太りを促進する「負のループ」を作ってしまうという。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/3 page

最後へ

次へ

飲酒
肥満・ダイエット
BMI
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.