日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?  > 3ページ目
印刷

左党の一分

正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?

正月特有の味付けで酒もご飯も進んでしまう!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

正月太り解消のため積極的にとりたい食材は?

 肉のどの部位を選ぶかや、調理法にも留意することが大切だということはよく分かった。

 それでは、休み明けに、正月太りを効果的に解消させ、かつ確実にカロリーをコントロールするには、どういった食材を取り入れた料理がいいのだろうか?

 「お正月明けにお勧めなのは、とにかく野菜です。『野菜のシャワー』でカラダを満たすようなつもりで、野菜をたくさんとりましょう。たんぱく質に加え、野菜の食物繊維を多くとると、胃や腸に長くとどまることもあり、満足感が長く続きます。特に、きのこ類はお勧めです。食物繊維が豊富な上に、アルコールや脂質の代謝に必要なビタミンB群も豊富。また、納豆、めかぶ、オクラのようなネバネバ系は、糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇を穏やかにする効果があります。おつまみとしても人気の枝豆もダイエットの強い味方。糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1、食物繊維、たんぱく質もたっぷりです」(岸村さん)

正月太り解消のため取り入れたい食材
正月太り解消のため取り入れたい食材
[画像のクリックで拡大表示]

 年末年始に酒のシャワーを浴びた人は、正月が明けたら野菜のシャワーでリセットを。野菜をとる量の目安は「1食当たり、両手のひら1杯分以上」だと岸村さんは言う。きのこ類やめかぶ、オクラ、枝豆なども、つまみとしてもうまく取り入れたい。

結局、酒は「エンプティカロリー」なの?

 正月太りの原因について話を戻すと、岸村さんのお話をいろいろと伺った結果、酒というよりはつまみのほうに問題があるのではないか、と感じた。確かに、酔っぱらって歯止めが利かなくて食べ過ぎてしまう場合もあるだろう。「アルコールはエンプティ(ゼロ)カロリー」という説も、酒飲みの間では未だに信じられている。酒自体のカロリーは、どれぐらい気にしたほうがいいのだろうか?

 「お酒はエンプティカロリーと言われたりしますが、アルコールは1g当たり7kcalのエネルギーがあります。一説では、アルコールはエネルギーとして使われやすいので、その7kcalをそのまま摂取カロリーとして計算しなくてもよい、という考え方もあるようですが、新しくなった食品成分表(八訂)でも、アルコールはやはり1g当たり7kcalとして計算されるように記載されています」(岸村さん)

 1g当たり7kcalと言うと、脂質よりはカロリーが低いが、糖質やたんぱく質よりは高い。ましてや、ゼロ(エンプティ)ではない。

 「さらに、糖質が含まれているお酒は血糖値を上げることで、中性脂肪を蓄えやすくします。また炭酸入りのお酒も注意が必要です。炭酸の消化促進効果と、アルコールの酔いによって、気づかぬうちに食べ過ぎていることも多々あるからです」(岸村さん)

 どうやら「酒はエンプティカロリー」は酒飲みの都合のいい解釈だったようだ。この件については、今後、この連載でまた掘り下げていきたい。

 そして、正月太りを本気で解消したいと思うなら、食事のカロリーコントロールと内容の見直しだけでなく、酒量も考慮しないと結果は出そうにない。事実、私の周りでも酒量を減らすことに成功した結果、やせることができた人が多く存在する。

 正月太りに限ったことではなく、体重のコントロールは健康維持、そして長~く酒を飲み続けるためにも必須だ。ここはひとつ、奮起せねばなるまい。

 次回は、酒飲みにぴったりなダイエット方法を、食事や生活面でのアドバイスを中心に、引き続き岸村さんに伺っていく。

(図版制作:増田真一)

岸村康代(きしむら やすよ)さん 一般社団法人大人のダイエット研究所代表理事 管理栄養士
岸村康代(きしむら やすよ)さん 病院やメタボリックシンドローム指導の現場で健康的なダイエットのサポートをしてきた経験や、野菜ソムリエ上級プロなどの資格を生かし、商品開発、事業開発、講師、メディア出演など、多方面で活躍。大人のダイエット研究所では、忙しい大人が無理なく健康になるためのおいしくて体にいい食の推進を行うほか、「リセットごはん」商品もプロデュース。近著に『きれいにやせる食材&食べ方図鑑』(家の光協会)、『新装版 おからパウダーダイエット』(扶桑社)、『落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方』(東洋経済新報社)。
酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

先頭へ

前へ

3/3 page

飲酒
肥満・ダイエット
BMI
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.