日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?  > 2ページ目
印刷

左党の一分

正月太りの正体は、酒の飲み過ぎ? それとも食べ過ぎのせい?

正月特有の味付けで酒もご飯も進んでしまう!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「おせちは、伝統的な日本の料理なので、ヘルシーなイメージを持つ人もいるかもしれません。でも実は、保存が効くように醤油や砂糖を使って濃い目に味付けされているものが多く、糖分と塩分を多く含む料理なのです。糖分はご存じのように血糖値を上げ、中性脂肪をため込みやすくします。塩分をとり過ぎると、体は塩分濃度を一定に保とうとして、それを薄めるために水分をため込むので、むくみの原因になります。甘辛い味付けはお酒もご飯も進みますし、酔えば食欲に歯止めが利かなくなることも。『糖分+塩分』は究極の太る味付けセットなのです」(岸村さん)

 おせちに限らず、甘辛い味付けの料理は本当に酒に合う。正月太りを解消したいならば、すき焼き、照り焼き、煮物などにも注意したほうがよさそうだ。

肉の部位の選び方や調理法にひと工夫でカロリーダウン

 「注意していただきたいのは、糖分、塩分だけではありません。脂質もです」と岸村さん。

 三が日が明け、いざ正月太りを解消するためにダイエットを始めようと思うなら、甘辛い料理を避けるだけでは不十分だ。最近は、ご飯などの糖質を控えめにする「糖質制限ダイエット」が人気だが、岸村さんによると、糖質を控えた結果、脂質をとり過ぎては意味がないという。

 「ダイエットというと、糖質制限を思い浮かべる方が多いのですが、脂質にも注意しないと、思うように体重が減りません。脂質は1g当たり9kcalです。糖質とたんぱく質はいずれも1g当たり4kcalなので、その倍以上もあります。糖質制限をしていても、アブラたっぷりの豚バラ肉や皮つきの鶏肉を食べていたらやせにくくなります。また脂質を多くとると胃腸に負担がかかり、腸内環境を悪化させます。さらに、脂質の多い食事をしていると悪玉のLDLコレステロールが増える場合があり、動脈硬化や心疾患のリスクへとつながるのです」(岸村さん)

 ダイエットという観点からは、「お肉」と大きくひとくくりにせず、部位の選び方や調理法にも注意してほしい、と岸村さんは話す。

 実際、肉は部位によって大きくカロリーが異なる。豚バラ肉と豚ヒレ肉では、同じ200gであっても、豚ヒレ肉のほうが500kcal程度も低い(『日本食品標準成分表2020年版(八訂)』を基に計算、以下同)。また鶏むね肉の場合は、250gの皮つきと、210gの皮なしでは120kcal程度も差がある

 岸村さんによると、これは魚にも言えることで、「同じまぐろ100gでも、赤身とトロ(脂身)では200kcal程度の差があります(くろまぐろ、天然の場合)」とのこと。塵も積もれば山となる、カロリーも積もれば脂肪となってしまうのだ。

部位によってカロリーに差が出る
部位によってカロリーに差が出る
『日本食品標準成分表2020年版(八訂)』を基に計算

 「調理法でもカロリーに大きな差が出ます。揚げ物は、素揚げ、唐揚げ、かき揚げなどの天ぷら、という順番にカロリーも脂質も高くなっていきます。揚げ物は絶対にダメというわけではなく、お酒のおつまみだったら、唐揚げよりも小エビの素揚げにするとか。唐揚げやかき揚げは、“ごほうび”としてたまに食べるとか、量を少なめにして食べるようにするだけでも、摂取カロリーが変わっています」(岸村さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方
飲酒
肥満・ダイエット
BMI
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.