日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > “ごはんは太る”は思い込み?
印刷

知ってトクする栄養学

“ごはんは太る”は思い込み?

第4回 デンプンを味方につけてダイエットを成功させよう

 村山真由美=フリーエディター・ライター

いろいろな健康法やダイエット法が流行っては廃れていく昨今。情報が多すぎて「何をどれだけ食べたらいいか」がわかりにくい時代。だからこそ、栄養の基本のキを押さえておきましょう。今回は炭水化物を取り上げます。

炭水化物と糖質はどう違う?(©evgenia sh-Fotolia.com)

 炭水化物のもっとも重要な役割は、エネルギー源になることだ。『日本人の食事摂取基準2015年版』では、三大栄養素(正確にはエネルギー産生栄養素)であるたんぱく質、脂質、炭水化物のうち、50~65%を炭水化物から摂取することを基準としている。

 ところで、近年、「低炭水化物ダイエット」や「糖質オフダイエット」などが話題だが、“炭水化物”と“糖質”の違いをご存じだろうか? 

糖質と食物繊維は切っても切れない仲

 炭水化物は、消化吸収されてエネルギー源になる糖質と、消化吸収されない食物繊維に分かれる。つまり、炭水化物は糖質と食物繊維の合計ということになる。

 炭水化物=糖質+食物繊維

 食物繊維はエネルギー源にならないし、血糖値も上げない。それどころか、便秘や生活習慣病の予防・改善に役立つ。つまり、ダイエットの際に控えたいのは、厳密にいうと、炭水化物のうちの糖質ということになる。

 しかし、「糖質を多く含むものは、食物繊維も多く含んでいます。その代表が穀類。ですから、ダイエットなどで主食の摂取を極端に控えると、食物繊維が不足しやすくなります」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授・上西一弘氏)。

 食物繊維というと、ごぼうやきのこなどを思い浮かべるかもしれないが、実は、我々は穀類から大半の食物繊維をとっているのだ。「野菜やヨーグルトを積極的にとっているのに、便秘が改善しない…」という人は、主食の量が不足していないだろうか?

吸収されやすい糖質と吸収されにくい糖質

 糖質は、最小単位である単糖の結合数によって、単糖類、少糖類、多糖類に分けられる(表)。単糖は「これ以上分解できない状態」なので、体内に入るとすぐにエネルギー源として使われる。一方、単糖が複数結合している多糖類は、ブドウ糖に分解される過程を経るため、エネルギーになるまでに時間がかかる。

主な糖質の種類
分類含まれている主なものや特性
糖質単糖類ブドウ糖果物やはちみつなど
果糖果物やはちみつなど
ガラクトース乳汁
少糖類二糖類ショ糖砂糖
乳糖乳汁
麦芽糖麦芽、水あめ
オリゴ糖人工甘味料
多糖類デンプン穀類、いも類、豆類
グリコーゲン動物の肝臓や筋肉
デキストリンデンプンを加水分解したもの

 ブドウ糖は血液を通して各細胞に運ばれて利用される。つまり、分解の必要のない単糖類や、分解に時間がかからない二糖類は、急激に血糖値を上げ、すばやくエネルギー源になる。

 しかし、急激に血糖値を上げると、それを下げるインスリンというホルモンも多く分泌される。インスリンはブドウ糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、肥満につながりやすい。つまり、同じエネルギー量の糖質なら、単糖類や少糖類よりも多糖類のほうが太りにくいといえるのだ。

 とくに、穀類やいも類などに含まれるデンプンには、消化吸収されずに小腸を通過し、食物繊維と同様の働きをする“レジスタントスターチ”が含まれるのが特徴だ。もともと食物繊維が豊富な上に、レジスタントスターチも含んでいるので、消化吸収がゆっくりになる。つまり、穀類やいも類は腹持ちがいいのだ。

 「“ごはんを食べると太る”というのは思い込み。むしろ、主食を変に制限することで、太りやすくなっている人が多いように思います」(上西氏)

 主食の量を控えると甘いおやつが我慢できなくなったり、脂質やたんぱく質を多くとらないと満足できなくなる。その結果、かえって太りやすくなってしまうのだ。主食は極端に制限するよりも、毎食適量を食べて、おやつを控えるほうが、ダイエットには効果的なのだという。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.