日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > オトコも「知らない」ではすまされない“貧血”のこと  > 2ページ目
印刷

知ってトクする栄養学

オトコも「知らない」ではすまされない“貧血”のこと

第15回 女性の不調の原因は隠れ貧血かも?!

 村山真由美=フリーエディター・ライター

女性に多い鉄欠乏性貧血

 貧血にはいくつかの種類があるが、多くは鉄不足によるものだ。

 「鉄は70%は血液に、4%は筋肉に、残りは主に肝臓、脾臓、骨髄に含まれています。血液中の鉄は、赤血球の成分である血色素(ヘモグロビン)を構成しています。鉄欠乏性貧血は、鉄不足により血色素の生産が低下することで起こります」(上西氏)。

 女性は月経があるため、男性よりも鉄の損失が大きい。「女性は年12回の月経で2回の献血と同じくらいの量を失います。それが約40年間も続くのですから、大変な量の鉄を損失していることになります」(上西氏)。

 血液中や筋肉中の鉄は、体が酸素を利用するために働くため「機能鉄」という。一方、肝臓や脾臓、骨髄に存在する鉄は、機能鉄が不足すると血液中に出てきて補給する役割を担っている。そのため「貯蔵鉄」という。つまり、私たちの体は二段構えで鉄欠乏性貧血に備えているのだ。

 「鉄の摂取量が少ないと、まず貯蔵鉄が減少します。しかし、機能鉄がある間は検査では貧血とは診断されません。しかし、貯蔵鉄が底をついた状態で月経や妊娠などにより機能鉄が多く使われると、急激に貧血の症状が現れます」(上西氏)。

鉄を多く含む肉類はぜひレディファーストで!(©Jacek Chabraszewski 123-rf)

 貯蔵鉄が不足している状態を潜在性貧血という。簡単にいうと「隠れ貧血」だ。こういう人は、普段は元気でも、月経前後になると急に体調が悪くなる。貯蔵鉄が不足しているかどうかはフェリチン値を測ればわかるが、一般の健康診断の項目にはフェリチン値はないので、見落とされがちなのだ。

 「女子高生や女子大生を対象としたある調査によると、鉄欠乏性貧血と診断された人は全体の10%でしたが、隠れ貧血の人が30%の割合でいました」(上西氏)。

 あなたの周囲の女性にも「隠れ貧血」の人はいるのではないだろうか?

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.