日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > 1食に小鉢いくつ? 野菜不足にならない外食の法則  > 3ページ目
印刷

知ってトクする栄養学

1食に小鉢いくつ? 野菜不足にならない外食の法則

第26回 外食で野菜350gをとるコツ

 村山真由美=フリーエディター・ライター

◆ハンバーガーセット
(きゅうり、トマト、レタス、玉ねぎ、コーン、ピーマン)102g

[画像のクリックで拡大表示]
ハンバーガーには野菜類はほとんど入っていないが、サラダがついているセットにすると1サービングを超える野菜類がとれる。

 1サービングは70gだ。上記をみると、1サービングに満たないものから、1サービングをちょっと超える程度のものが多い。つまり、外食やコンビニ食には、1サービングの野菜類をプラスするとちょうどよくなるのだ。

野菜ジュースは野菜を食べる場合の倍量で1サービング

 ちなみに、『食事バランスガイド』では、野菜ジュースは100~210gで1サービングとなっている。つまり、ジュースの状態ではない通常の野菜を食べる場合の倍量で1サービングとなっているのだ。

 「野菜ジュースを飲んでいるから野菜はとれているという人がいますが、野菜ジュースは加工によって失われる成分があるため、野菜を食べることとイコールにはなりません。ジュースはあくまでも補助的に利用しましょう」(上西氏)

 「外食=体に悪い」というのは、野菜が不足しやすいという点では一理ある。しかし、食べ方次第では野菜不足をカバーすることは簡単だ。コンビニ食を選ぶ際や、外食のメニュー選びの際には、「1日に野菜類を5~6サービング」をイメージしよう。

(イラスト:Akiko Takagi)

上西一弘(うえにし・かずひろ)さん
女子栄養大学栄養生理学研究室教授
上西一弘(うえにし・かずひろ)さん 徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了後、雪印乳業生物科学研究所を経て、1991年より同大学に勤務。
専門は栄養生理学、特にヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用に関する研究など。
『日本人の食事摂取基準2015年版』策定ワーキンググループメンバーを務める。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.