日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > たんぱく質不足が心配なのは“草食系高齢者”と“ダイエット女子”
印刷

知ってトクする栄養学

たんぱく質不足が心配なのは“草食系高齢者”と“ダイエット女子”

第2回 “良質なたんぱく質”をとるには?<前編>

 村山真由美=フリーエディター・ライター

いろいろな健康法やダイエット法が流行っては廃れていく昨今。情報が多すぎて「何をどれだけ食べたらいいか」がわかりにくい時代。だからこそ、栄養の基本のキを押さえておきましょう。

 たんぱく質は英語ではprotein(プロテイン)。これは、古代ギリシャ語の「プロテイオス=最も大切なもの」に由来する。たんぱく質は私たちの体の骨格や筋肉、皮膚、毛髪、内臓などあらゆる組織を構成する主成分となる。また、ホルモンや酵素を作るのにも欠かせない栄養素だ。

たんぱく質は実は不足していない?

 たんぱく質は重要な栄養素だからしっかりとらなければいけない、とよく言われるが、「現代の日本では、よほど食が細くない限り、たんぱく質が不足することは、まずありません。むしろ、とりすぎると体脂肪として貯蔵されたり、腎機能の低下を促したり、痛風の原因になったりするので注意が必要です」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)。

 たんぱく質の1日の摂取量は、体重1kg当たり1gが目安。多くても2g未満にとどめるのが適当だ。体重50kgなら50g、体重60kgなら60gが目安となるので、とても覚えやすい。

 ところが、計算方法はそう簡単ではない。「きょうは200gのステーキを食べたから、たんぱく質を200gとった」と思っている人が案外多いが、「それは勘違いです」と上西氏。食品の重量=たんぱく質量ではないことは、しっかり押さえておこう。

 以下に、たんぱく質を多く含む身近な食品を挙げる。たんぱく質は肉、魚、卵、乳製品、大豆に多く含まれていることはよく知られているが、穀類にも意外に多く含まれている。

たんぱく質を多く含む身近な食品
食品名目安量たんぱく質量(g)
牛もも肉(輸入牛・赤肉部分)薄切り3枚(90g)20.3
豚ロース肉(赤肉部分)厚切り1枚(90g)20.4
豚ヒレ肉厚切り1枚(80g)18.2
鶏もも肉(皮つき)1/2枚(125g)20.3
鶏ささ身2本(80g)18.4
マグロ(赤身)刺し身6切れ(80g)21.1
かつお(春穫り)刺し身5切れ(80g)20.6
さけ1切れ(80g)17.8
1個(50g)6.2
牛乳牛乳カップ1(210g)6.9
プロセスチーズ1切れ(20g)4.5
ヨーグルト(脱脂加糖)1個(100g)4.3
大豆木綿豆腐1/2丁(150g)9.9
納豆1パック(50g)8.3
枝豆10さや(17g)2.0
穀類ごはん1杯(150g)3.8
食パン6枚切り1枚(60g)5.6
うどん(ゆで)200g6.2
そば(ゆで)150g7.2
スパゲッティ(ゆで)250g13.0

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.