日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > “若返り”に効くビタミンE、その抗酸化パワーの生かし方
印刷

知ってトクする栄養学

“若返り”に効くビタミンE、その抗酸化パワーの生かし方

第10回 ビタミンEを賢く取り入れるには

 村山真由美=フリーエディター・ライター

 アンチエイジングや生活習慣病予防を語る上での重要なキーワードといえば“抗酸化”です。今回は、抗酸化物質の代表であるビタミンEについて取り上げます。

知っておきたい“酸化”と“抗酸化”のしくみ

 私たちは呼吸で酸素を取り入れ、細胞内でエネルギーを作り出しているが、この過程で活性酸素という物質が生じる。活性酸素は非常に不安定な物質で、他のものに結びついて安定しようとする。これが酸化だ。

 この性質は、体内に侵入してきた有害物質を酸化・殺菌する防御力として働く一方で、体を構成しているたんぱく質、脂質、DNAなどを酸化させ、老化を促したり、病気を引き起こす。なかでも、脂質が酸化してできる過酸化脂質は細胞の老化と深く関係している。

現代人を悩ます活性酸素を取り除いてくれるのが抗酸化物質のビタミンE 。(©prakaymas vitchitchalao-123rf)

 活性酸素は呼吸以外に、喫煙、紫外線、排気ガスなどによっても発生する。また、過剰なストレスや肥満も原因になる。つまり、現代人は活性酸素を生み出しやすい状態にあるといえるのだ。

 活性酸素を消去する物質を抗酸化物質という。その代表的なものがビタミンEだ。

 「ビタミンEは体内で主に細胞の膜に存在します。細胞膜には酸化されやすい不飽和脂肪酸も含まれます。不飽和脂肪酸が酸化してできた過酸化脂質は、増えると連鎖的に細胞を破壊したり、異常細胞を形成したりして、細胞の死を早めますが、ビタミンEは過酸化脂質の生成を抑えます。また、動脈硬化は血液中のLDLコレステロールの酸化で促進されますが、ビタミンEはこれも抑えます」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)

ビタミンCと併せてとると効果的

 同様に酸化を防ぐものにビタミンCがある。ビタミンEは主に細胞膜に存在するが、ビタミンCは水溶性のため体液中に存在する。違う持ち場で同時に働くことで抗酸化作用が高まるため、この2つは併せてとるといいといわれている(第8回「働き盛りの男性こそ『ビタミンC』でストレス撃退」 参照)。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.