日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > 完璧なUV対策は骨粗鬆症を招く?!  > 4ページ
印刷

知ってトクする栄養学

完璧なUV対策は骨粗鬆症を招く?!

第9回 日光と上手につきあい、ビタミンD不足を防ごう

 村山真由美=フリーエディター・ライター

 下表は標準的な肌タイプの日本人が、顔と両手の甲を露出して日光浴をしたとき、体内で10μgのビタミンDを生成するのに必要な時間だ。

10 μgのビタミンDを生成するのに必要な時間(*2)
7月12月
9時12時15時9時12時15時
札幌14分8分24分(904分)139分(4985分)
つくば11分6分18分(193分)41分(493分)
那覇16分5分10分142分14分31分
※( )で囲んだ数値は、長すぎて現実的ではない

 一方、こちらの表は日光浴を始めてから肌が赤くなり始めるまでの時間を調べたものだ。

皮膚が赤くなり始める時間(*2)
7月12月
9時12時15時9時12時15時
札幌39分25分64分(714分)(227分)(1667分)
つくば32分20分52分(313分)98分(625分)
那覇46分16分29分(294分)42分86分
※( )で囲んだ数値は、長すぎて現実的ではない

 例えば、札幌の場合、7月の朝9時は、14分間日光を浴びれば有効なことが分かる。しかし、12月の朝9時だと、約15時間も日光を浴びなくてはならない。しかも、約12時間で肌に有害な影響が出てしまう。つまり、冬季の北日本の場合、日光を浴びることからだけでは、ビタミンDが不足しやすいといえそうだ。

 詳しくは、国立環境研究所地球環境研究センターのウェブサイト(*3)で閲覧できるので、参考にしてみてはいかがだろうか。

 ちなみに、どこに住んでいても、顔、首、手、足などの露出している部分に日焼け止めを塗っている人や、昼夜逆転の生活を送っている人は、ビタミンDが不足しやすいので注意が必要だ。また、「加齢により皮膚でビタミンDを合成する力は衰えるので、高齢者の場合、日光浴はあまり有効ではありません」(上西氏)。

 これらの人は、まず、魚を積極的に食べることだ。難しければサプリメントで補うことを考えてもいいだろう。

*2 宮内正厚、中島英彰、平井千津子. ビタミンD生成に必要な日光照射に伴う皮膚への有害性に関する推定評価. ビタミン. 2014;88:349-357.
*3 http://db.cger.nies.go.jp/dataset/uv_vitaminD/ja/
●参考資料
環境省『紫外線環境保健マニュアル2015』
http://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf
上西一弘(うえにし かずひろ)さん
女子栄養大学栄養生理学研究室教授
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了後、雪印乳業生物科学研究所を経て、1991年より同大学に勤務。
専門は栄養生理学、特にヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用に関する研究など。
『日本人の食事摂取基準2015年版』策定ワーキンググループメンバーを勤める。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.