日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > 働き盛りの男性こそ「ビタミンC」でストレス撃退  > 3ページ
印刷

知ってトクする栄養学

働き盛りの男性こそ「ビタミンC」でストレス撃退

第8回 美肌・美白だけじゃないビタミンCの働き

 村山真由美=フリーエディター・ライター

生食もいいが、野菜は煮汁ごと食べるのもアリ

生食にこだわらず上手にビタミンCをとろう。(©amarosy -123rf)

 ビタミンCの成人の摂取推奨量は1日100mgだ。これは、壊血病の予防というよりは、心臓血管系疾患の予防や抗酸化を目的に算出されたものだ。

 ビタミンC 100mgは、野菜なら赤ピーマン1/2個、果物ならグレープフルーツジュース(濃縮還元)コップ1杯に含まれる量なので比較的とりやすい。実際、『国民健康・栄養調査(平成25年度)によると、成人の平均摂取量は1日100mgとなっている。しかし、これは平均値なので、半数近くは不足気味かもしれない。

 「ビタミンCは生鮮食品だけでなく、お茶やジュース、惣菜類、パンなどに酸化防止剤として幅広く含まれているため、欠乏する(つまり壊血病になる)ことはまずありません。非常にまれなケースとして子どもの壊血病が報告されていますが、この例では、母親が厳格な食事コントロールをしていて、野菜には全て火を通し、加工食品を一切与えていなかったといいます」(上西氏)

 ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いため、調理による損失が大きいといわれる。確かに、新鮮な野菜や果物を生で食べれば効率よくとれるが、必ずしも生食でなければいけないわけでもないという。

 「野菜のビタミンCは加熱すると壊れますが、長時間グツグツ煮ない限り、ゆでたり煮たりした汁に溶け出しています。つまり、煮汁ごと食べる具だくさん味噌汁のような料理なら十分にとれます。サッと加熱するとカサを減って量がとれるので、損失分をカバーできるという利点も。前述の子どもはよく加熱した野菜だけを食べて、煮汁は食べていなかったのかもしれません」(上西氏)

タバコを吸う人、ストレスが多い人は多めにとろう

 ビタミンC=美容ビタミンというイメージがあるが、抗酸化作用で生活習慣病やがんを予防したり、病気に対する抵抗力を高める働きがあるため、働き盛りの男性にもおすすめしたい。とくに、喫煙者やストレスが多い人は、ビタミンCが不足しがちだ。タバコを吸うとニコチンなどの有害物質が体内に入ってくるため、活性酸素が大量に発生する。それを消去するためにビタミンCが使われるのだ。

 「タバコを吸う人は、吸わない人よりも1日あたり35mg以上余分にビタミンCをとる必要があります。受動喫煙でも血液中のビタミンC濃度が低下するという報告があるので、身近に喫煙者がいる人も注意したほうがいいでしょう」(上西氏)

 また、ビタミンCはストレスがあると消費される。「私たちの体はストレスがかかると副腎皮質ホルモンが大量に分泌され、血圧や血糖値を上昇させてストレスに対抗します。ビタミンCは副腎皮質ホルモンの合成に欠かせないビタミンです」(上西氏)。この場合のストレスは、不安や緊張、イライラといった精神的なものだけでなく、暑さ寒さ、過労、睡眠不足なども含む。

 ビタミンCはとりすぎると尿中に排泄されるので過剰症の心配はないが、サプリメントなどで1日に3~4g以上摂取すると、下痢を起こすことがあるという。

 「ビタミンCは体内にとどまる時間が短いので、一度にたくさんとるよりも、三度の食事のたびにこまめにとるのが理想です。サプリメントで補う場合も、1日2回よりも3回とるもののほうがいいでしょう」(上西氏)

  • 野菜、イモ類、果物を積極的に食べる。
  • 野菜やイモ類を加熱する場合、煮汁ごと食べる。
  • 抗酸化作用を求める場合、ビタミンEと合わせてとる。
  • 喫煙者やストレスが多い人は多めにとる。
  • 一度にたくさんよりもこまめにとる。

 この5点に注意して、ビタミンCを賢くとろう。

上西一弘(うえにし かずひろ)さん
女子栄養大学栄養生理学研究室教授
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了後、雪印乳業生物科学研究所を経て、1991年より同大学に勤務。
専門は栄養生理学、特にヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用に関する研究など。
『日本人の食事摂取基準2015年版』策定ワーキンググループメンバーを勤める。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.