日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > あの“にがりダイエット”とは何だったのか?
印刷

知ってトクする栄養学

あの“にがりダイエット”とは何だったのか?

第17回 マグネシウムとダイエットの正しい知識

 村山真由美=フリーエディター・ライター

かつて一世を風靡した“にがりダイエット”。にがりは豆腐を作る際に凝固剤として利用されることはご存じの方も多いだろう。この、にがりの主成分は塩化マグネシウムだ。今回はマグネシウムについて解説しよう。

にがりの主成分マグネシウムは医薬品では下剤

にがりとマグネシウムとダイエットの関係、一度整理してみないと…。(©puhhha 123-rf)
にがりとマグネシウムとダイエットの関係、一度整理してみないと…。(©puhhha 123-rf)

 今から10数年前、あるテレビ番組がにがりにダイエット効果があることを取り上げたことを発端に、にがりが大ブームになった。

 にがりは海水から塩を作るときにできる副産物だ。簡単にいうと、海水を濃縮してそこから塩(塩化ナトリウムの結晶)を取り出した後の液体を、さらに濃縮したものだ。苦味が強いため漢字では「苦汁」と表現される。

 にがりの主成分は塩化マグネシウムだが、塩化カリウム、塩化ナトリウム、塩化カルシウムなども含む。海水にはミネラルが豊富だ。つまり、にがりは海水から塩分だけを取り除いたミネラルのサプリメントのようなものだといえる。

 だから、にがりをとると、マグネシウムをはじめとするミネラルの摂取には役立つ。しかし、「マグネシウムは医薬品では下剤として使用されているもの。にがりやマグネシウムのサプリメントを多量に摂取すると、下痢を起こす可能性があります」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)。

 市販の下剤には、酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム、水酸化マグネシウムを使用したものがある。こういったマグネシウム製剤は、腸内の水分を増やし、便を柔らかくする作用がある。

 また、にがりブームの際、にがりの過剰摂取により心肺停止を起こすケースがみられた。これは、マグネシウムには筋肉を弛緩させて血圧を下げる作用があるためだ。

 「マグネシウムは尿や汗と一緒に体外に排泄されやすい栄養素です。通常の食品からとる範囲では取り過ぎの心配はありません。しかし、にがりやマグネシウムのサプリメント、マグネシウム製剤の便秘薬をとる場合、過剰摂取には注意が必要です。とくに、腎臓に障害のある人の場合、血液中にマグネシウムが蓄積しやすくなり、高マグネシウム血症を引き起こすことがあります」(上西氏)。

にがりに明らかなダイエット効果はない

 にがりブームの際、にがりは「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」「糖質の代謝を促進する」「エネルギー代謝を促進する」といった働きがあるとされるなど、ダイエット効果を論証するような様々な情報が出回った。これらの情報に影響されて、にがりダイエットに走った人も多かった。

 そんな中、過剰摂取による健康被害が出たこともあり、2004年7月に独立行政法人国立健康・栄養研究所は、誤解されている健康情報の事例として、「にがりと痩身効果の関連性については、確実な根拠はない。過剰摂取に十分に注意する必要がある」という異例のコメントを発表した。

 こういった動きもあり、にがりブームは下火になっていった。

 「にがりでやせたという人は、にがりの効果で便秘が改善され、一時的に体重が減ったのではないでしょうか。これは、やせたとはいいません。また、下痢で栄養が吸収されずに体重が減った可能性もあります。これは健康的なやせ方ではありません」(上西氏)。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.