日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > 男性の守り神“亜鉛”を正しくとれてる?
印刷

知ってトクする栄養学

男性の守り神“亜鉛”を正しくとれてる?

第16回 性機能や発毛と関わりの深い亜鉛

 村山真由美=フリーエディター・ライター

 男性のお悩みのツートップともいえる「下半身」と「毛髪」の問題。この2つに関連しているのが亜鉛だ。既にサプリメントで取り入れている人もいるだろう。しかし、たっぷりとっても吸収されていない可能性があることをご存じだろうか?

亜鉛が不足すると男性機能が低下する

「毛髪」と「下半身」、男性の2大お悩みと密接に関連しているのが亜鉛だ。(©Lisa Young 123-rf)

 亜鉛は成人では体内に約2gほど含まれ、血液や皮膚に多く存在する。臓器では、骨、筋肉、腎臓、肝臓、脳に多く含まれている。

 「亜鉛は、男性では前立腺や性腺に高濃度に含まれていて、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。亜鉛が欠乏すると性的な機能が低下する可能性があり、アメリカでは亜鉛は“セックスミネラル”とも呼ばれています」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)。

 性欲低下や勃起障害の原因はいろいろあるが、1つには、男性ホルモン(テストステロン)の減少がある。亜鉛とこれらの関係はよくわかっていないが、毛髪の亜鉛の濃度が高い男性は、血中のテストステロン値が高いという報告がある(※)。

 つまり、テストステロンの維持には亜鉛が有効と考えられるのだ。

頭皮を健康に保つ亜鉛

 「亜鉛は細胞分裂を正常に行って正しく細胞を作ったり、たんぱく質を合成したりすることに関わっています。そのため、体の成長に欠かせません」(上西氏)。

 日本ではみられないが、発展途上国では、亜鉛不足による子どもの低身長・低体重、第2次性徴の遅れなどがみられるという。

 亜鉛は大人にとっても重要だ。亜鉛はとくに、細胞の新陳代謝が盛んな組織・臓器に必要とされる。そのうちの一つが皮膚だ。「亜鉛が欠乏すると皮膚炎が起こります。入院中の高齢者などで床ずれがある人は、亜鉛が不足すると症状が悪化します」(上西氏)。

 亜鉛不足は抜け毛の原因になることもある。それは、亜鉛が皮膚の新陳代謝と深くかかわっているためだ。「動物実験では明らかですが、ネズミを亜鉛欠乏にさせると毛が抜けてきます。これは、皮膚の状態が悪くなるためだと考えられます」(上西氏)

 亜鉛不足により生じる不具合はまだある。それは…。

※Chang et al. Biol Trace Elem Res. 2011

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.