日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 知ってトクする栄養学  > 男性の守り神“亜鉛”を正しくとれてる?  > 2ページ目
印刷

知ってトクする栄養学

男性の守り神“亜鉛”を正しくとれてる?

第16回 性機能や発毛と関わりの深い亜鉛

 村山真由美=フリーエディター・ライター

亜鉛が不足すると味覚障害にも!?

 亜鉛不足になると、味覚障害になる可能性もある。私たちの体のなかで細胞分裂が盛んな場所がもう一つある。それは、舌の表面にある味蕾(みらい)だ。味蕾は味を感じる器官で、味細胞と支持細胞から成るが、味細胞は約10日間で生まれ変わるといわれている。

 「亜鉛が不足すると、味蕾の新陳代謝が十分に行われなくなるため、味がわかりにくくなったり、感じなくなります。また、何も食べていないのに塩味や苦味を感じたり、何を食べても嫌な味になるケースもあり、思いのほか辛い症状です」(上西氏)。

ベジタリアンや加工食品ばかりの人は要注意

 亜鉛は魚介類のカキに豊富に含まれていることが知られているが、貝や肉などの動物性食品に多く含まれているのが特徴だ。

 「亜鉛は通常の食事で欠乏することはまずありませんが、植物性食品に偏った食生活を送っている人では不足することがあります。また、味覚障害は若い女性に多いという報告があります。これは、肉を食べないような極端なダイエットが原因の一つだと考えられます」(上西氏)。

 亜鉛は吸収率が低く、腸管からの吸収率は約30%ともいわれている。「穀類や豆類に多いフィチン酸や青菜に多いシュウ酸は、亜鉛と結合することによって亜鉛の吸収を妨げるため、ベジタリアンの人は、とくに亜鉛が不足しやすく注意が必要です」(上西氏)。

 では、肉をしっかり食べていれば大丈夫かというと、そうともいえない。「加工食品に含まれている添加物のリン酸塩やポリリン酸なども亜鉛の吸収を妨げます。つまり、加工食品ばかりの食生活を送っている人も亜鉛が不足しやすくなります」(上西氏)。

亜鉛の食事摂取基準(mg/日)
男性18~29歳男性30~69歳女性18~69歳
推奨量10108
耐容上限量404535
『日本人の食事摂取基準2015年版』より

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.