日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術  > これならガッツリ食べられる! 賢い“かさ増し”で糖質オフ  > 4ページ
印刷

失敗しない 糖質ちょいオフ食事術

これならガッツリ食べられる! 賢い“かさ増し”で糖質オフ

第6回 ごはん&めんをストレスなく減らすとっておきレシピ

 村山真由美=フリーエディター・ライター

かさ増しメニュー【6】 月見大根そば

[画像のクリックで拡大表示]
材料(2人分)
[画像のクリックで拡大表示]
  • そば(ゆで) 1玉(170g)
  • 大根 170g
  • ほうれん草 50g
  • ねぎ 1/3本
  • 卵 2個
  • めんつゆ(ストレート) 1カップ
  • 七味唐辛子 少々
  • 作り方
    • (1)大根はせん切りにする。ほうれん草はゆでて3cmの長さに切り、ねぎは小口切りにする。
    • (2)鍋に湯を沸かし、そばと大根を一緒にゆで、湯を切って器に盛り、真ん中に卵を割り入れる。
    • (3)鍋にめんつゆと水1と1/2カップを入れて温め、2にかけ、ほうれん草、ねぎをのせ、七味唐辛子をふる。
    • 糖質 1人分 32.6g

       大根のせん切りをたっぷり加えたメニュー。ツルッとのどごしのいいめん類は早食いになりやすく、血糖値を急上昇させてしまうが、大根を加えるとよく噛んで食べることにつながる。

      *     *     *

       ここでは、ごはんは茶碗1杯、めんは1人分として糖質量を表示したが、どれくらいの量を食べていいかは、自分で計算してみてほしい。

       糖質“ちょいオフ”食事術の最終目標は、糖質が何にどれくらい含まれているかが大体わかり、1日の目安量の中に収められるようになることだ(第2回「『案外普通に食べられる』のが“ちょいオフ”のいいところ」参照)。

       それはつまり、“糖質について知る”ということにほかならない。

       昨今、糖質=悪者という風潮があるが、糖質は主要なエネルギー源であり、とくに米は日本の食文化の根幹をなすものだ。やみくもに排除するのではなく、糖質についてよく知り、賢くつき合うことこそ、われわれが目指すべきところだろう。

      (料理・栄養計算:牧野直子/写真:安田裕/スタイリング:高橋ゆかり)

      牧野直子(まきのなおこ)さん
      管理栄養士、料理研究家、ダイエットコーディネーター
      牧野直子(まきのなおこ)さん

      女子栄養大学卒。生活習慣病予防、ダイエット、女性の美容や健康、食育などをテーマに、テレビや雑誌などのメディア出演、著書の執筆、料理教室、食品メーカーの商品開発、講演など、幅広く活躍中。

      栗原毅(くりはら たけし)さん
      栗原クリニック東京・日本橋院長
      栗原毅(くりはら  たけし)さん 医学博士。慶應義塾大学特任教授。前東京女子医科大学教授。
      東京女子医科大学病院及び同大学付属の医療施設に勤務後、2008年に開業。消化器内科学、特に肝臓病を専門とし、C型肝炎のインターフェロン療法に定評がある。早くから「糖尿病や動脈硬化につながるメタボの上流に脂肪肝がある」ことを提唱し、脂肪肝の治療や予防に力を入れている。
      著書・監修書は『糖質ちょいオフダイエット 90日ダイアリーつき』(講談社)、『肝機能をしっかり高めるコツがわかる本』(学研パブリッシング)など多数。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.