日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術  > やってしまいがちな「糖質過多メニュー」選び
印刷

失敗しない 糖質ちょいオフ食事術

やってしまいがちな「糖質過多メニュー」選び

ラーメン+半ライス、菓子パン+加糖缶コーヒー…かくれ糖質メニューにご用心!

 川崎敦子=フリーエディター・ライター

一大ブームを巻き起こした糖質オフダイエット。チャレンジしたことのある人も多いだろう。しかし、「確かにやせた。でも、リバウンドした」という人もまた多いのではないだろうか。実は、糖質オフダイエットの極意は、完全オフではなく“ちょいオフ”なのだ。ハードな糖質制限に挫折した人こそ必読! 地味ながらも効果的な糖質オフ術をご紹介しよう。

 糖質ちょいオフ食事術は、基本的にはごはんの大盛りを避ければOK、ということは前々回の記事(「『案外普通に食べられる』のが“ちょいオフ”のいいところ」)で解説した。

 ごはんとおかずが別盛りになっている定食なら、ちょいオフすべきごはんの量がわかりやすい。しかし、どんぶりものやカレーライスなど、主食とおかずが一緒に盛られた料理は、ごはんの全量がわかりにくいので、つい食べすぎてしまいがちだ。いつも定食を食べるわけではないし、外食ではメニュー選びに悩む人もいるだろう。

 管理栄養士で料理研究家の牧野直子氏は、「糖質が多いことに気づきにくい“かくれ糖質メニュー”をうっかり食べすぎないように」と言う。

 たとえば、ギョウザや春巻きなどをおかずに、ごはんを食べる場合などがそうだ。皮は小麦粉から作られているので、糖質を多く含んでいる。つまり、糖質食品をおかずにしてごはんを食べることになる。こういった糖質食品の重ね食いはなるべく避けるか、ごはんの量を意識的に減らすようにしたい。

 カレーやシチューなどのルウには小麦粉が使われている。また、天ぷらや揚げ出し豆腐など揚げ物の衣には小麦粉や片栗粉が使われている。とろみをつけるための「あん」も片栗粉だ。

 これらを完全に避ける必要はないが、こういったメニューばかりを好んで選んでいると、糖質オーバーにつながりやすいので、注意が必要だ。

糖質過多を招くこんな食べ方に注意!

 ここでは、やってしまいがちな糖質過多メニューの選び方を紹介しよう。

ごはんの量がわかりにくい丼もので糖質をとりすぎる

 牛丼の大盛りを選ぶと、男性1日当たりの糖質の目安量(332g)の4割近くを1食でとってしまうことになる。ごはんを1/3程度残せば、並盛り程度になる。店によっては、具のみ大盛りのメニューを選ぶ方法もある。

 一方、並盛りを頼めば、そこからごはんを3~4口分残すだけで、さらに糖質を17~22gオフできる。サラダなどをプラスすると栄養バランスもアップする。

[画像のクリックで拡大表示]

ラーメン店では糖質の重ね食いをしやすい

 次に、ラーメン店でのメニュー選びだ。ラーメンもチャーハンも、ともに糖質を多く含む主食メニュー。ついつい選びがちな「ラーメンに半チャーハン」、または、「ラーメンとギョウザやライスのセット」は避けたい組み合わせだ。野菜炒めやレバニラ炒めなど、おかず系のメニューを組み合わせよう。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.