日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術  > 糖質のとりすぎは肝機能の数値でチェックできる
印刷

失敗しない 糖質ちょいオフ食事術

糖質のとりすぎは肝機能の数値でチェックできる

ALTが基準値以下でも20 IU/Lを超えたら要注意

 川崎敦子=フリーエディター・ライター

一大ブームを巻き起こした糖質オフダイエット。チャレンジしたことのある人も多いだろう。しかし、「確かにやせた。でも、リバウンドした」という人もまた多いのではないだろうか。実は、糖質オフダイエットの極意は、完全オフではなく“ちょいオフ”なのだ。ハードな糖質制限に挫折した人こそ必読! 地味ながらも効果的な糖質オフ術をご紹介しよう。

 第2回(「『案外普通に食べられる』のが“ちょいオフ”のいいところ」)では、1日にとる糖質の適量について解説した。普段、自分がどれだけ糖質をとっているかについて、ある程度把握できたのではないだろうか。

 しかし、太っている原因が、糖質のとりすぎにある人もいれば、ほかに原因がある人もいる。やせるために、やみくもに糖質を制限する前に、そもそも本当に自分が糖質をとりすぎているのかどうかを知る方法はないのだろうか。

 栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅氏が、意外な方法を教えてくれた。

 「糖質をとりすぎかどうかは、健康診断の血液検査の肝臓の数値が手がかりになります」(栗原氏)。糖質に関連する数値といえば、空腹時血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)かと思うが、これらの数値が基準値を超える前の段階で、糖質のとりすぎを教えてくれるのが、肝機能の数値だという。

 肝臓の状態をみる検査は、ALT(GPT)とAST(GOT)、γ-GTPの3つが基本で、40歳以上の人を対象とした特定健診(いわゆるメタボ健診)の検査項目にも必ず入っている。お酒を飲む人はγ-GTPの数値ばかりを気にしがちだが、実はこれら3つの項目は、糖質のとりすぎの可能性を知らせてくれる重要な手がかりでもあるのだという。

 最近の健診データが手元にあれば、ぜひチェックしていただきたい。

ALTでわかる糖質のとりすぎ

 そもそもなぜ、肝機能の数値が糖質のとりすぎをチェックする際の参考になるのか。それは、糖質をとりすぎている人は、脂肪肝になっていることが多く、それを肝機能の検査値から推測できるからだ。

 脂肪肝とは、肝細胞の中に中性脂肪が蓄積された状態をいう。生活習慣病のなかでは最も多いありふれた疾患である。原因は、食べすぎ、飲みすぎ、太りすぎだ。特に日本人の脂肪肝の原因は、アルコールの飲みすぎ(アルコール性脂肪肝)よりも、食べすぎ(非アルコール性脂肪肝)が非常に多い。糖質のとりすぎは過剰な中性脂肪を肝臓に貯め込むことになる。脂肪肝になるとインスリンの効き目が悪くなり、糖尿病や肥満を招きやすくなる。脂肪肝の診断は、通常、血液検査に加えて、超音波検査やCT検査で行う。

 ということで、脂肪肝の存在を疑うために、まず、チェックすべきはALTである。ALTは肝臓などの細胞に多く含まれる酵素で、肝臓などに障害が起こると血中に多く漏れ出してくる。「ALTの数値が特に高い人は、肝細胞が何らかの理由で壊れていることが疑われますが、やや高めの人に多く見られるのが、脂肪肝です」(栗原氏)。

 ALTの基準値は、検査を行う医療機関や測定方法により異なるが、特定健診では30 IU/L以下を基準値(特定保健指導判定値)としている。しかし、肝臓病の専門医である栗原氏は、長年にわたる健診データ等の分析から、一般の基準値よりもかなり低い20 IU/Lを超えた段階で脂肪肝を疑う。基準値以下でも脂肪肝はすでに始まっている可能性があり、安心できないというわけだ。

図1◎ まずはALTの数値をチェック!
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.