日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術  > 糖質のとりすぎは肝機能の数値でチェックできる  > 3ページ
印刷

失敗しない 糖質ちょいオフ食事術

糖質のとりすぎは肝機能の数値でチェックできる

ALTが基準値以下でも20 IU/Lを超えたら要注意

 川崎敦子=フリーエディター・ライター

「肝機能=酒」だけじゃない
検査結果からわかるいろいろなこと

 肝機能を知る指標は、γ-GTPと ALT、ASTのほかにもいくつかあるが、この3種類の数値とバランスをみるだけで、肝臓の状態やその原因をある程度推察することができる。

 AST、ALTは肝細胞のなかでアミノ酸の代謝に使われる酵素だ。肝細胞が壊れると、血液中に漏れ出てくるため、数値が高くなる。ASTは筋肉など肝細胞以外にも含まれるが、ALTはほとんど肝細胞内に含まれるので、数値とそのバランスを知ることで、肝細胞の壊れ具合や原因疾患を知る手がかりになる。ALTが基準値から少し高く、ASTより高い場合は、脂肪肝の可能性があることは前述の通りだが、ほかにも下図のような病気の可能性がある。

AST、ALTからわかる病気の可能性
ALT もASTも100 IU/L 前後まで → 肥満、飲みすぎ、慢性肝炎、肝硬変
ALT もAST も非常に高い(1000 IU/L以上) → 急性肝炎
ALT > AST → 脂肪肝、急性・慢性肝炎、胆石
AST > ALT → アルコール性肝障害、肝硬変、肝臓がん
AST が非常に高くALT の上昇は軽度 → 心筋梗塞、筋肉の病気

 一方、γ-GTPは肝臓で作られ、胆汁に排出される酵素で、胆汁の流れが悪くなったときや、アルコールを飲みすぎたときに高くなる。γ-GTPの数値だけでなく、下図のようにALTとASTのバランスもセットでみることで、アルコール性脂肪肝か非アルコール性脂肪肝か、見当をつけることができる。

γ-GTPからわかる病気の可能性
γ-GTP の上昇は軽度でALT が高い → 非アルコール性脂肪肝(肥満や糖尿病による)
γ-GTP が200~300IU/L 以上で、AST がALT より高い → アルコール性脂肪肝
※薬剤性肝障害、急性膵炎、肝臓がん、閉塞性黄疸、ストレスで上昇する場合も

 肝機能をみる検査には、ほかにもいくつかある。肝臓は症状が出たときには病気がかなり進行していて、治療も難しくなる。症状がないからと軽視せず、検査値が伝えてくれるメッセージを真摯に受け止め、早めの対策を講じることが得策だろう。

栗原毅(くりはら たけし)さん
栗原クリニック東京・日本橋院長
栗原毅(くりはら  たけし)さん

医学博士。慶應義塾大学特任教授。前東京女子医科大学教授。

東京女子医科大学病院及び同大学付属の医療施設に勤務後、2008年に開業。消化器内科学、特に肝臓病を専門とし、C型肝炎のインターフェロン療法に定評がある。早くから「糖尿病や動脈硬化につながるメタボの上流に脂肪肝がある」ことを提唱し、脂肪肝の治療や予防に力を入れている。
著書・監修書は『糖質ちょいオフダイエット 90日ダイアリーつき』(講談社)、『肝機能をしっかり高めるコツがわかる本』(学研パブリッシング)など多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.