日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術  > 「案外普通に食べられる」のが“ちょいオフ”のいいところ  > 3ページ
印刷

失敗しない 糖質ちょいオフ食事術

「案外普通に食べられる」のが“ちょいオフ”のいいところ

1日にとる糖質の目安は、男性332g、女性219g

 村山真由美=フリーエディター・ライター

 普段、自宅で食べている茶碗1杯のごはんが何gかを、是非量ってみてほしい。ごはんの量は、茶碗のサイズや盛り方によってかなり違ってくる。150gは普通サイズの茶碗にふんわり7~8分目まで盛った量だ。実際に量ってみると「意外に少ない」と感じる人が多いだろう。

 ちなみに、外食のごはんはかなり量が多い。定食屋などのごはんは普通盛りで180~200g、大盛りは300~350gくらいあることも少なくない。市販の弁当のごはんも同様だ。1食のごはんの量を250gとした場合、合計は以下のようになる。

ごはん250g
●ごはん 丼1杯(250g)×3  ・・・糖質276g
●みかん 1個(80g)  ・・・糖質8.8g
●キウイフルーツ 1個(85g)  ・・・糖質9.4g
●さつまいも 1/2本(90g)  ・・・糖質26.3g

   ⇒合計320.5g

 つまり、男性の場合もごはんの量が多ければ、1日の糖質量はほぼ埋まる。これにプラスしておやつを食べると糖質オーバーになってしまう。外食のごはんの量を多いと感じていない人は、主食をとりすぎている可能性が高い。

 「“糖質ちょいオフ”食事術では、主食を抜く必要はありません。“とりすぎている人は減らす”と考えます。つまり、大盛りにしなければいいということ。外食の際は、『ごはんは少なめに』とオーダーするか、思い切って残す勇気を持ちましょう。ごはんひと口は約15gなので、4口残せば約60g減となり、糖質を約22gも減らすことができます」(栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅氏)

「案外普通に食べられる」のが“ちょいオフ”のいいところ

 もちろん、おやつは高糖質なので控えたほうがいい。例えば、どら焼き1個の糖質量は44.3g、ショートケーキ1個の糖質量は51.2gだ。

 「間食で気をつけたいのは、砂糖入りの缶コーヒーやスポーツドリンクなどの飲み物です。男性に多いのが、朝、デスクについて缶コーヒーを1本、仕事の合間の水分補給にスポーツドリンクを1本、という人。それだけで糖質量が40gを超えてしまうこともあります」(牧野氏)。

 女性に多いのは「体にいいから」と果物を食べ過ぎている人だという。「最近の果物は糖度が高くておいしいので、ついつい手を伸ばしているうちに、あっという間に200g以上食べてしまいます。果糖は吸収が早くエネルギーになりやすいので、活動する前に食べるのはいいですが、夜の団らんの時間に食べる習慣があると、体に脂肪を溜め込むことになります。果物は朝食で食べるように改めましょう」(栗原氏)。

 以上をまとめると、

  • ごはんは大盛りを避ける
  • 間食はできるだけ控える
  • 飲み物は無糖のものにする
  • 果物は食べ過ぎに注意し、朝食べる

 この4点に気をつけるのが“糖質ちょいオフ”食事術だ。つまり、「案外、普通に食べられる」のだ。

 極端な糖質制限は減量には確かに効果的だ。しかし、昔からごはんをベースに食事をしてきた日本人が、主食を抜くような食生活を長く続けるのはかなり難しい。「短期間で一時的に体重が減ったとしても、無理なく続けられる食事のスタイルでない限り、リバウンドしてしまうのは明白です。それよりも、一生続けられる食事のスタイルを身につけるほうが、はるかに安全で効果的だと思いませんか?」(栗原氏)。

 次ページに、身近な果物、いも、おやつ、飲みものに含まれる糖質量を示した。主食の糖質量と合わせて、普段、自分がどれくらい糖質をとっているかを確認してみよう。

 1日当たりの目安量の中におさまるように、「おかずがポテトサラダだから、ごはんは控えめにしよう」、「おやつを食べたいから、果物は半分にしておこう」と調節できるようになるのが目標だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.