仏式バルブ

写真はバルブキャップを外したところ。金属製の芯(コア軸)の先が弁になっていて、先端をナットで固定する。

記事に戻る