日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

ヘルメットのかぶり方にもダメ出しを受ける

 中西 奈美=日経Gooday

 近所の公園でクロスバイクの自主トレを始めた私。自分ではひらりと乗ったつもりでもまだその姿がぎこちなく、乗ったものの降り方を忘れて凍り付き…。一人で乗りこなすにはまだ不安が感じられたので、本企画でアドバイザーをお願いしているサイクルライフナビゲーターの絹代さんに乗り方を総点検してもらうことになりました。

 まずツッコミが入ったのは、絹代さんの目の前でヘルメットをかぶった瞬間。

 絹代さん 「あれ? ヘルメットのかぶり方がおかしくないですか?」

  「えっ!?」

額を出してかぶる方が、視界が遮られないような気がしていましたが…。
額を出してかぶる方が、視界が遮られないような気がしていましたが…。
[画像のクリックで拡大表示]

 そういえば言われるまで、ヘルメットのかぶり方なんてまったく意識したことがありませんでした。慌てて手鏡で確認すると、まるで普段かぶっている帽子のように、額が丸出し。「深くかぶり、額をしっかり覆わないと、転倒した際に、額や顔面の傷、前頭葉(脳の前側の部分)への衝撃が避けられないですよ」と絹代さんから指導が入ります。

 また、あご紐の調節も大切で、「きつすぎず、緩すぎない長さ」で固定するのが良いそうです。転倒した時にヘルメットが脱げてしまい、大ケガにつながったケースを絹代さんは知っているとのこと。指が1~2本入るくらいにベルトを調節してもらい、再度、ヘルメットを装着。

ヘルメットのかぶり方を教えてもらうなんて、人生初めての経験です。
ヘルメットのかぶり方を教えてもらうなんて、人生初めての経験です。
[画像のクリックで拡大表示]
ようやく正しい位置に。確かに深くかぶる方が、頭が守られている感じがあります。
ようやく正しい位置に。確かに深くかぶる方が、頭が守られている感じがあります。
[画像のクリックで拡大表示]

 いざ、絹代さんにチェックしてもらうべく、自転車にまたがりました。

勘違い【その1】 自転車は立てた状態でまたぐ!?

 毎回、意気込んで脚を上げていましたが、サドルが高くてまたぎにくい…。実はいつもサドルに脚をぶつけるのではないか? バランスを崩すのではないか? と不安に思っていました。絹代さんにそのことを打ち明けると、「自転車が全然傾いていないからですよ。もっと自分の方に傾けた方がラクになります!」と明快なアドバイスが。

またぎ方に関する絹代さんのお手本。こんなに倒してもいいの!?と思わず目からうろこが落ちました!
またぎ方に関する絹代さんのお手本。こんなに倒してもいいの!?と思わず目からうろこが落ちました!
[画像のクリックで拡大表示]

 絹代さんのお手本を見せてもらうと、「自転車をこんなに傾けてもいいの!?」と、思わず目を見張るほど自転車が斜めになっています。以前も一度見せてもらっていたはずなのに、ママチャリでは自転車を傾けて乗ることなんてないので、頭に入っていなかったのです。

 自転車をしっかりと傾けてサドルやトップチューブの位置を低くすると、今度は脚をそれほど高く上げなくてもまたげるようになりました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.