日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方  > 2ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

ヘルメットのかぶり方にもダメ出しを受ける

 中西 奈美=日経Gooday

勘違い【その2】 こぎ出したらすぐにサドルに着席!?

十分に加速しないとハンドルはふらつき、視線が遠くに行きません。
[画像のクリックで拡大表示]

 上手にまたげたので、ようやく走り出します。すると、「腰を下ろすのが早すぎますよ! ペダルは右足、左足の順に踏み込んで、最後にサドルに腰をおろしましょう」と次のアドバイスが。いつものクセで、右足でペダルを踏み込みと同時にサドルに腰をかけていたのです。

 絹代さんによると、走り始めにペダルに体重をかけて十分加速しないと、ふらついてしまうとのこと。「特に公道では、ふらつきは大事故の元になるので、しっかり走り出すことが大切です」(絹代さん)。

 確かに私はペダルのこぎ出しがゆっくりだったので、倒れないように無意識のうちにハンドルを左右に動かし、バランスを取ろうとしていました。しかも、目がハンドルや前輪に行ってしまうので、わずかな時間ですが前方を確認できていません。これは危険です。

 両足でペダルをしっかり踏み込んで加速すると、ハンドルはふらつかずに安定しました。視線も遠くをキープ。

勘違い【その3】 ブレーキは止まる直前にかければいい!?

 そして最後は、自主トレ(前回記事「乗れたけど、降りられない!」)で、頭が真っ白になってしまった自転車の降り方です。この日もサドルからの体重移動がぎこちなくなってしまい、勢いよくペダルから両足を外して、飛び降りるように着地してしまいました。

またしても止まり方に失敗…。ペダルから飛び降りるように着地したところ。
[画像のクリックで拡大表示]

 「減速が急すぎますね。スピードを十分落としてから両足(ペダル)に体重を乗せ、左足を地面に着いて止まりましょう」と絹代さん。

 ママチャリに比べてスポーツバイクはブレーキが良く効きます。重量があるママチャリ(子供を乗せているとなおさら)と同じ感覚でブレーキをかけると、スポーツバイクはキュッと勢いよく止まってしまい、乗っている人は前に押し出されてしまうのです。

 私のぎこちない降り方は、この“止まる直前のブレーキ”が原因だとわかりました。なるほど、そうだったんですね…。

 いくつもの勘違いに気が付き、大きな収穫を得た今回の総点検。「頭で考えるより、乗る機会を増やして慣れることが大切ですよ!」と絹代さんは明るくアドバイスしてくれました。 「確かに、“習うより慣れよ”ですね」と答えると、「じゃあ、次は25kmのポタリング(*)に参加してみましょうか」と思わぬお誘いが…!

 !! まだ家の近所を乗り回す程度なのに、25kmなんて走り切れるかな!?

 私が返事に迷っていると、「疲れたら休んでもいいし、初心者でも完走している人ばかりだから大丈夫です。完走できると自信が持てるようになりますよ!」と絹代さんから力強いお言葉。その言葉に背中を押してもらい、思い切って参加することに決めました。

 さて、どうなるでしょうか。そのレポートは後日お届けします。

*ポタリングとは…「ぶらぶらする」という意味の英単語potterから派生した言葉で、自転車に乗って気ままに回ること。イベントとして多くの参加者を募るものも増えてきており、決められたスタートとゴールの間で寄り道をして楽しむ。

自転車5万3800円(税別)(CYLVA F24:ブリヂストンサイクル)

(写真:横川 誠)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.