日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方  > 2ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

ヘルメットのかぶり方にもダメ出しを受ける

 中西 奈美=日経Gooday

勘違い【その2】 こぎ出したらすぐにサドルに着席!?

十分に加速しないとハンドルはふらつき、視線が遠くに行きません。
十分に加速しないとハンドルはふらつき、視線が遠くに行きません。
[画像のクリックで拡大表示]

 上手にまたげたので、ようやく走り出します。すると、「腰を下ろすのが早すぎますよ! ペダルは右足、左足の順に踏み込んで、最後にサドルに腰をおろしましょう」と次のアドバイスが。いつものクセで、右足でペダルを踏み込みと同時にサドルに腰をかけていたのです。

 絹代さんによると、走り始めにペダルに体重をかけて十分加速しないと、ふらついてしまうとのこと。「特に公道では、ふらつきは大事故の元になるので、しっかり走り出すことが大切です」(絹代さん)。

 確かに私はペダルのこぎ出しがゆっくりだったので、倒れないように無意識のうちにハンドルを左右に動かし、バランスを取ろうとしていました。しかも、目がハンドルや前輪に行ってしまうので、わずかな時間ですが前方を確認できていません。これは危険です。

 両足でペダルをしっかり踏み込んで加速すると、ハンドルはふらつかずに安定しました。視線も遠くをキープ。

勘違い【その3】 ブレーキは止まる直前にかければいい!?

 そして最後は、自主トレ(前回記事「乗れたけど、降りられない!」)で、頭が真っ白になってしまった自転車の降り方です。この日もサドルからの体重移動がぎこちなくなってしまい、勢いよくペダルから両足を外して、飛び降りるように着地してしまいました。

またしても止まり方に失敗…。ペダルから飛び降りるように着地したところ。
またしても止まり方に失敗…。ペダルから飛び降りるように着地したところ。
[画像のクリックで拡大表示]

 「減速が急すぎますね。スピードを十分落としてから両足(ペダル)に体重を乗せ、左足を地面に着いて止まりましょう」と絹代さん。

 ママチャリに比べてスポーツバイクはブレーキが良く効きます。重量があるママチャリ(子供を乗せているとなおさら)と同じ感覚でブレーキをかけると、スポーツバイクはキュッと勢いよく止まってしまい、乗っている人は前に押し出されてしまうのです。

 私のぎこちない降り方は、この“止まる直前のブレーキ”が原因だとわかりました。なるほど、そうだったんですね…。

 いくつもの勘違いに気が付き、大きな収穫を得た今回の総点検。「頭で考えるより、乗る機会を増やして慣れることが大切ですよ!」と絹代さんは明るくアドバイスしてくれました。 「確かに、“習うより慣れよ”ですね」と答えると、「じゃあ、次は25kmのポタリング(*)に参加してみましょうか」と思わぬお誘いが…!

 !! まだ家の近所を乗り回す程度なのに、25kmなんて走り切れるかな!?

 私が返事に迷っていると、「疲れたら休んでもいいし、初心者でも完走している人ばかりだから大丈夫です。完走できると自信が持てるようになりますよ!」と絹代さんから力強いお言葉。その言葉に背中を押してもらい、思い切って参加することに決めました。

 さて、どうなるでしょうか。そのレポートは後日お届けします。

*ポタリングとは…「ぶらぶらする」という意味の英単語potterから派生した言葉で、自転車に乗って気ままに回ること。イベントとして多くの参加者を募るものも増えてきており、決められたスタートとゴールの間で寄り道をして楽しむ。

自転車5万3800円(税別)(CYLVA F24:ブリヂストンサイクル)

(写真:横川 誠)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.