日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

ヘルメットのかぶり方にもダメ出しを受ける

 中西 奈美=日経Gooday

 近所の公園でクロスバイクの自主トレを始めた私。自分ではひらりと乗ったつもりでもまだその姿がぎこちなく、乗ったものの降り方を忘れて凍り付き…。一人で乗りこなすにはまだ不安が感じられたので、本企画でアドバイザーをお願いしているサイクルライフナビゲーターの絹代さんに乗り方を総点検してもらうことになりました。

 まずツッコミが入ったのは、絹代さんの目の前でヘルメットをかぶった瞬間。

 絹代さん 「あれ? ヘルメットのかぶり方がおかしくないですか?」

  「えっ!?」

額を出してかぶる方が、視界が遮られないような気がしていましたが…。
[画像のクリックで拡大表示]

 そういえば言われるまで、ヘルメットのかぶり方なんてまったく意識したことがありませんでした。慌てて手鏡で確認すると、まるで普段かぶっている帽子のように、額が丸出し。「深くかぶり、額をしっかり覆わないと、転倒した際に、額や顔面の傷、前頭葉(脳の前側の部分)への衝撃が避けられないですよ」と絹代さんから指導が入ります。

 また、あご紐の調節も大切で、「きつすぎず、緩すぎない長さ」で固定するのが良いそうです。転倒した時にヘルメットが脱げてしまい、大ケガにつながったケースを絹代さんは知っているとのこと。指が1~2本入るくらいにベルトを調節してもらい、再度、ヘルメットを装着。

ヘルメットのかぶり方を教えてもらうなんて、人生初めての経験です。
[画像のクリックで拡大表示]
ようやく正しい位置に。確かに深くかぶる方が、頭が守られている感じがあります。
[画像のクリックで拡大表示]

 いざ、絹代さんにチェックしてもらうべく、自転車にまたがりました。

勘違い【その1】 自転車は立てた状態でまたぐ!?

 毎回、意気込んで脚を上げていましたが、サドルが高くてまたぎにくい…。実はいつもサドルに脚をぶつけるのではないか? バランスを崩すのではないか? と不安に思っていました。絹代さんにそのことを打ち明けると、「自転車が全然傾いていないからですよ。もっと自分の方に傾けた方がラクになります!」と明快なアドバイスが。

またぎ方に関する絹代さんのお手本。こんなに倒してもいいの!?と思わず目からうろこが落ちました!
[画像のクリックで拡大表示]

 絹代さんのお手本を見せてもらうと、「自転車をこんなに傾けてもいいの!?」と、思わず目を見張るほど自転車が斜めになっています。以前も一度見せてもらっていたはずなのに、ママチャリでは自転車を傾けて乗ることなんてないので、頭に入っていなかったのです。

 自転車をしっかりと傾けてサドルやトップチューブの位置を低くすると、今度は脚をそれほど高く上げなくてもまたげるようになりました。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.