日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 160km完走を可能にした2カ月間のトレーニング  > 4ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

160km完走を可能にした2カ月間のトレーニング

ビンディングと固定ローラーを取り入れ、最後のパワーアップ

 中西奈美=日経Gooday

 上り始めると、サイクルコンピュータが表示する速度は低空飛行のまま…。しかし、ビンディングで足がペダルに固定されているので、そう簡単には自転車から降りることができません。「降りたいけど降りられない」という状態で、ノロノロと坂を上り切りました。

 絹代さんのアドバイスもあり、脚の血流を良くするために履いたコンプレッションタイツのおかげで、脳貧血になることはありませんでした。おお、やった!

 しかし、上り坂の疲れがてきめんに出てきた場面がありました。道に迷ってしまったときのこと、自転車を押して移動しなければならないときに、右足のビンディングが外れず自転車ごと転倒してしまったのです。倒れた瞬間に荷重がかかったのか、右のブラケット(ハンドルでレバーが付いている部分)が内側に大きく曲がってしまうという事態に…(驚)。「自転車、壊しちゃったかも」と肝を冷やしました。

 応急処置として、絹代さんに協力してもらって腕力でハンドルを元の形に戻し、先に進みました。絹代さんに聞くと、シフトレバーやワイヤーなどに異常があると、自転車が制御できなくなることもあるので、スポーツバイクを扱っている専門店に持ち込み、点検してもらったほうがいいとのこと。

一度大きく曲がってしまったハンドルを気にしながら走ります。大丈夫かな…。
[画像のクリックで拡大表示]

 そんなアクシデントに見舞われながらも、総距離55.9kmを走り切り、ホノルルセンチュリーライド完走を目指しての追い込みを終えました。このときは「完走できそう、でも、完走できないかも」と、自信は半分くらいでした。

アップダウンのあるコースが、国内最後の走り込みになりました。(Suunto Movescount MYMOVEより)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハンドルが曲がってしまった自転車は、その後、近所のスポーツバイク専門店に持って行き、メンテナンスをしてもらいました。「ホノルルセンチュリーライドを走りに行くんですよ、仕事ですけどね」なんて、恥ずかしくておちゃらけて見せましたが、店員さんから「しっかり整備しますから、完走してきてくださいよ!」と励まされると、「頑張らなくちゃ」と気持ちが引き締まりました。

 ホノルル行きが近づくにつれ、不安と緊張感が増しましたが、絹代さん、自転車の用具を借りたメーカーの担当者さんなど、本企画でお世話になった人々や編集部のみんな、家族からの「がんばって!」のエールに背中を押され、「完走できる自信はないけど、きっとなんとかなる!」と自分を鼓舞しながら、旅の支度を始めました。その後のセンチュリーライドの様子は別の記事で紹介した通りです(参照記事:「ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!」「ずぶ濡れライダー、センチュリーライドで落車」「11時間の泥だらけライドで手に入れた160kmのゴール」)。

これからも自転車を乗り続けます!

これからも自転車に乗り続けます!

 2014年10月以来続けてきたこの連載も、この回をもって終了します。今まで読んで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。雨の中のライドや疲労感を残さない走り方など、まだ課題は残っているので、これからも私は自転車を趣味の一つとして続けたいと思います。この連載を通して、1人でも多くの人に自転車が興味を持ってもらえたら嬉しいです。

自転車:17万円(税別)(FELT ZW7
ビンディングペダル・クリート:9500円(税別)(LOOK KEO クラシック2) スポーツウォッチ:5万2000円(税別)(SUUNTO Ambit3 Sport HR Coral
コンプレッションタイツ:1万8000円(税別)(アライメントライドロングタイツ
固定ローラー:2万8600円(税込)(Minoura Quattro-C

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.