日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > クロスバイクの乗り方・降り方をマスターしよう  > 4ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

クロスバイクの乗り方・降り方をマスターしよう

ママチャリ感覚でやりがちな楽チン姿勢はNG!

 中西 奈美=日経Gooday

【止まり方・降り方】減速しながらうまく体重を移動させて降りる

 自転車は前輪ブレーキ(通常は右手側)をかけて緩やかに減速し、前後輪のブレーキレバーを均等に引いて止まるのが基本です。ブレーキは何回かに分けて少しずつかけていきます。

 急ブレーキや片側だけのブレーキで止まろうとしてはいけません。タイヤがロックされて操縦不能になったり、車体後部が持ち上がって転倒する危険があります。

 十分にスピードが落ちたところで利き足のペダルに体重を乗せ、サドルから体を浮かせながら重心を前に移動させます。バランスをとりながら反対の足を地面に着けます。このとき、車体を利き足の反対側に少し傾けると着地しやすくなります。

写真9◎ 止まり方と降り方
写真9◎ 止まり方と降り方
[画像のクリックで拡大表示]
減速中は利き足を下にしたまま姿勢を維持し、完全に止まったら利き足と反対側に着地します。
減速中は利き足を下にしたまま姿勢を維持し、完全に止まったら利き足と反対側に着地します。
[画像のクリックで拡大表示]

*    *    *

 今回はクロスバイクの乗り方・降り方をまとめましたが、もう一段階ステップアップしたロードバイクにも共通する点が多く、基本となるそうです。

 「まずは人通りが少ない安全な道や広場で乗り降りの練習をしてから公道に出てみましょう。特に、都心は交差点が多いので、『乗る』『止まる』が頻発します」と絹代さんがアドバイスしてくれました。

 絹代さんへの取材の後、私も週末にクロスバイクに乗ってみました。脚を「ひらりっ」と回してまたぐとそれだけで気分が上がります。でも、ペダルに足を乗せ、こぎ出すタイミングでは、クセで「よいしょっ」という掛け声が出てしまい、誰かに聞かれていないかキョロキョロ…。「止まる」とき、まだスマートにはいかず、ペダルから飛び降りるようにして着地して、少し怖い思いをしました。まだまだ練習が必要です。

自転車4万7800円(税別)(ラフォーレ:ミヤタサイクル)

(写真:横川 誠)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ)さん 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.