日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 自分の体に合ったクロスバイクを選ぶ  > 2ページ目

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

自分の体に合ったクロスバイクを選ぶ

試乗でわかった乗り心地の違い

 中西 奈美=日経Gooday

フレームが小さいと窮屈、大きいと不安定!

 宮崎さんにご指導いただきながら、私も“自分に合う自転車”を選ぶことにしました。今回、ブリヂストンサイクルのCYLVA F24をベースに、フレームサイズの異なる自転車を試してみます。私の身長は158cm。いずれもペダルからサドルまでの高さは同じになるよう調整してもらいました。

 今回試したのはこの4つ。

フレームサイズ390mm420mm480mm540mm
適正身長139~154cm151~166cm163~178cm175~190cm

 390mmからどんどん大きいサイズに乗り換えていくと、自転車のフレームが大きくなるため、ハンドルが遠くなりました。それに伴い、ハンドル操作が不安定になっていきました。

  • 390mm:安心感がある。ペダルが最も高い位置(12時の位置)にくると、膝がハンドルにだいぶ近づく。
  • 420mm:姿勢に慣れていないので不安はあるが、こぎやすい。ハンドルをつかむと腕がまっすぐ伸びてハンドルとサドルに重さがうまく分散される感じ。
  • 480mm:乗れなくはないが、420mmに比べてハンドルが遠く、上体を深く倒す感じ。
  • 540mm:ハンドルが遠く、つかんだ手が自分の顏よりずいぶん前にいってしまい、不安定で怖い。

といった具合でした。写真で見ると次の通りです。

写真2◎ 390mmと540mmではこんなに違う!
写真2◎ 390mmと540mmではこんなに違う!
390mm(左)では膝頭とハンドルの距離が近くなり、少し窮屈。540mmではハンドルの位置が遠く、腕が伸びきってしまっている。

 ママチャリに乗り慣れているせいか、ハンドルが近い390mmが一番安心して乗れるような気がしました。そのことを話すと、「420mmが一番合っていますよ」と宮崎さん。ハンドルと膝が近いと脚が窮屈な状態が続き、疲れてしまうのだそうです。実際に420mmに乗った場合(写真3)、まだ姿勢には慣れていないものの窮屈な感じはなく、ハンドルと体をつなぐ腕にもゆとりがあり、ハンドル操作にも問題はありません。

写真3◎ 4つの大きさの中で最も私の体に合ったクロスバイク(420mm)
写真3◎ 4つの大きさの中で最も私の体に合ったクロスバイク(420mm)
ハンドルとサドルの位置がちょうど良く、腕と上体で体重のバランスが取りやすい。
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.