日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 自分の体に合ったクロスバイクを選ぶ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

自分の体に合ったクロスバイクを選ぶ

試乗でわかった乗り心地の違い

 中西 奈美=日経Gooday

スポーツバイクでセンチュリーライドにチャレンジすることになった私。前回はアドバイザーの絹代さんにスポーツバイクの車種ごとの特徴について解説してもらい、「初めてのスポーツバイク」はクロスバイクに乗ることに決めましたが、問題は何を選ぶかです。

 知れば知るほど奥が深い、スポーツバイクの世界。自転車メーカーのウェブサイトを眺めたり、カタログを開いては、「乗るならどんなのがいいかな?」と、ワクワクしながらページをめくるようになりました。(前回の記事と絹代さんのプロフィールはこちらから)

 しかし、解説を見ると馴染みのない専門用語がズラリ。フレームサイズ? シートポスト?…これらの言葉の下に並んだ数値(サイズ)を見ても、一体どれを選べばいいのかよく分かりません。そこで今回は、自身もかつて自転車の選手だった、ブリヂストンサイクル(株)スポーツ車事業部マーケティング課の宮崎景涼(けいすけ)さんに、クロスバイクの選び方について教えていただきました。

適正身長を基準にパーツで微調整

今回、お話を聞いたブリヂストンサイクル スポーツ車事業部マーケティング課の宮崎景涼さん。「スポーツバイクを決める際は試乗がとても重要です」と強調します。

 クロスバイクのカタログに必ず書いてあるのが「フレームサイズ」。このフレームサイズとは、一般的にクロスバイクやロードバイクを構成している前輪側の三角形と後輪側の三角形に共通する辺(シートチューブ)の長さを表しています(写真1)。フレームサイズが大きい(シートチューブが長い)ということは、股下寸法が長い人=長身の人に適していることになります。また、フレームサイズが大きくなると自転車全体が大型に。メーカーによってはフレームサイズに合う、適正な身長が決められているものもあります。

 ママチャリは一般的にタイヤの直径(27インチなど)で大きさを表し、インチ数が大きくなると自転車も大きくなります。一方、クロスバイクはタイヤのサイズが統一(*1)されています。

 「まずは適正身長を基準に、シートポスト(サドルと自転車本体をつなぐ部分)でサドルの高さを調節したり、ステム(ハンドルと自転車本体をつなぐ部分)を上下させて微調整していきます」(宮崎さん)。腕や脚が長い・短いという個人差も、サドルやハンドルを合わせることでカバーできるのだとか。

写真1◎ 「フレームサイズ」とはどこのこと?
フレームサイズとはおおむね、シートチューブの長さを表しています。メーカーによって測り方が異なります。
[画像のクリックで拡大表示]

 最近は、通販でも手軽にスポーツバイクが買えるようになりました。けれど、「乗り慣れている人や自分でメンテナンスができる上級者を除いて、見た目だけでスポーツバイクを決めるのはお勧めできません」と宮崎さん。「自転車を専門に扱っているショップで相談しながら、実際に試乗し、調整をしてもらいながら決めると、自分の体に合った乗り心地の良い自転車に出会えますよ」(宮崎さん)

 ちなみに、より速く、より遠くまで走ることに特化したロードバイクは、オーダーメイドに近いそうです。腕や上体の長さなど、細かく体のサイズを計測してからフレームを決めていくようです。

*1 クロスバイクのホイールはほとんどが700C。Cとはフランス式のリム(ホイールの外周)と幅の規格。700Cは約28インチ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.