日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 11時間の泥だらけライドで手に入れた160kmのゴール  > 4ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

11時間の泥だらけライドで手に入れた160kmのゴール

最後は太陽の祝福の下、「ホノルルセンチュリーライド」完走!

 中西奈美=日経Gooday

祝福(?)の太陽の下、キレイになった愛車でゴールへ

 大きな坂を上りきったら、あとは下るだけ。乾いた下り坂を気持ちよく風を切って走ります。やっとのこと、天気もハワイらしくギラギラとした日差しになってきました。眠気が一気に吹き飛び、テンションが上がります。雨で日焼け止めは落ちてしまったけど…、気にしない気にしない。

 午後4時30分、最後のエイドステーション「クアパ・プリ・スクール(Kuapa Pre-School)」に滑り込みました。30分前にこのステーションの制限時間を過ぎてしまったので、テントや机をボランティアの人たちが片付けているところでしたが、まだ残っていた飲み物とバナナをもらって最後のエネルギー補給です。そして、雨で泥だらけになった相棒も、用意してあったホースから水を勢いよくかけて泥を洗い流してもらいました。

 晴れて、相棒もきれいになって、あとはゴールできれば文句なし。

 残り16km地点。このまま行けばゴールの制限時間をオーバーするのは確定です。もう、フィニッシュゲートは撤去されているかもしれないけど、とにかくゴールすることに決めました。

 ホノルル滞在中に何度も自転車で通ったダイヤモンドヘッドロードを越えると、スタートしたカピオラニ公園が見えてきました! あぁ、もう人がまばら。でもゲートはまだあった!!

 最後は絹代さんと一緒にゲートをくぐりました。スタートから約11時間、目標としてきた100マイルを走り切りました。

制限時間を過ぎてしまったけど、フィニッシュゲートは…まだありました!
[画像のクリックで拡大表示]

制限時間を超えたけど…約11時間で完走

 センチュリーライドの前哨戦として7月に参加した「走ってみっぺ南会津」(参照記事:「センチュリーライドの前哨戦で100kmに挑戦して分かったこと」)では、90kmを走った末のゴール直後に涙が出てきましたが、ホノルルセンチュリーライドでは完走できて、とにかくホッとしました。

 片付けを始めていたテントで、完走証を受け取り100マイル完走のシールを貼ってもらい、イベント終了です。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
100マイルの完走証(左)。センチュリーライドでの走行記録(右、SUUNTO Ambit3 Sport HR Coralでのログデータ)。

 アドバイザーの絹代さん、センチュリーライドでゴールに導いてくれた東武トップツアーズ ハワイ支店長の橘田さんとベテランライダーの山根さん、何度も転んだ私を助けてくれた救急救命士の西岡さん、そのほか私に勇気を与えてくれた皆さん、本当にありがとうございました。次回は制限時間内で完走したい! 絶対来るぞ。

センチュリーライド完走の途中で私を救ってくれた皆さん。ありがとうございます!
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.