日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ずぶ濡れライダー、センチュリーライドで落車
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ずぶ濡れライダー、センチュリーライドで落車

ハイウェイでまさかのスリップ! 仲間に支えられ命拾い

 中西奈美=日経Gooday

前回に引き続き、ホノルルセンチュリーライド2015のリポートをお届けしています。当日は天気予報が的中し、朝から断続的な雨。これまで苦手だった上り坂を克服して自信をつけた一方、ロードバイクでの雨の中のライドは初体験。ハンドル操作を誤らないか、体に力が入ります。不安は的中し、ハイウェイでスリップ、転倒してしまいました。

 前回、記事でお伝えした通り、センチュリーライドの前日には、東武トップツアーズが主催する「プラクティスライド(初中級者向け)」に参加。途中の上り坂では、自転車を降りることなく上り切るという変身ぶりに自分でも驚きました(「ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!」)。そんな中、自信とやる気とそして、「最長距離を走り切れるか」という少しの不安を抱きながら、当日の朝を迎えました。

ハワイでは雨は「神様からの祝福」、でも…

センチュリーライドのコース図
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし午前4時、目覚ましに促されて、眠い目をこすりながらホテルのベランダに出ると、まだ真っ暗な中、小雨が時々強い風に巻き上げられていました。前夜と変わらず、天気予報の雨マークは消えていません。前の晩に望みを託しててるてる坊主を作ったのに、残念。

 でも、がっかりする間もありません。5時半には、スタート地点のカピオラニ公園で、一緒に走る約束をした本企画のアドバイザーであるサイクルライフナビゲーターの絹代さん、東武トップツアーズ ハワイ支店長でベテランライダーの橘田さんと待ち合わせしており、急いで支度をしなければならないからです。

 朝食のゼリー飲料と一緒にクエン酸、BCAAといったサプリメントをとって、この日のために購入した絹代さんと色違いで揃えた「勝負ジャージ」に着替えました。すると、不思議なことに気持ちにエンジンがかかります。以前絹代さんに教えてもらったウォーミングアップ(参照記事「ケガ予防にも効くサイクリング前のウォーミングアップ」)を部屋で念入りにやってから、カピオラニ公園に向かいます。

スタート前にみんなずぶ濡れです。でも、ハワイでは雨は「神様からの祝福」。
[画像のクリックで拡大表示]

 公園沿いの通りでは、スタートゲートの前に、すでに大勢の参加者が並んでいました。時々雨が激しくなり、自転車を支えて立っていると、ヘルメットから雫が滴り落ちてきます。絹代さんたちを待っている間に開会セレモニーが行われ、「ハワイでは雨は幸福の象徴です!」とMCの女性が繰り返していたのが強く頭に残りました。辺りが暗い中、無事に2人と落ち合い、スタートの合図を待ちました。

 なんと、絹代さんはホテルを出てからスタート地点に並ぶまでの間に、パンクしてしまったそう。「雨の日はパンクしやすい」といわれているので、パンク自体を避けるのは難しそうですが、これまでにパンクの経験がない自分は、自転車がパンクしたら気付くかな?とふと不安に思いました。

まだ辺りが暗い中、絹代さん、橘田さんと会えました。
[画像のクリックで拡大表示]

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.