日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!

万全の準備でセンチュリーライドに挑んでみた

 中西奈美=日経Gooday

2015年9月27日、ホノルルセンチュリーライド2015が開催されました。現地での体調を万全にするため、5日前に出国。初めての“飛行機輪行”(旅先で自転車に乗るために自転車を飛行機で運ぶこと)です。今回は、出国からセンチュリーライド前日の「プラクティスライド」までの様子をお伝えします。

羽田空港のチェックインカウンターにて。相棒が入った箱がこのままベルトコンベヤーに乗せられるのかと思いきや、職員がカートに乗せて運んでいきました。

 日本では敬老の日と秋分の日がうまい具合に並び、「シルバーウイーク」ともてはやされた大型連休の最終日。遅い夏休みを兼ね、東武トップツアーズの「ホノルルセンチュリーライド2015ツアー」を利用して、イベント開催日より5日早く着くように羽田からホノルルへと旅立ちました。

 もちろん、相棒のロードバイク(FELT ZW7)も一緒です。今回はツアーの「自転車運搬無料サービス」を使い、自分が搭乗する同じ便の飛行機に預け入れることができました。自宅から空港までの輸送は運送会社にお願いしたため、自転車は私よりもさらに2日早く出発。自転車を梱包した大きなダンボール箱と羽田空港で再会するも、すぐにチェックインカウンターで預け入れ。相棒はほかの手荷物とは別に、カートに乗せて運ばれていきました。

一番の敵で、まず解消しなければならない「時差ボケ」

 さて、今回は遅い夏休みを兼ねてホノルルセンチュリーライドの開催日より数日も早く着くよう余裕をもって出発した…と書いたのですが、早めに出発したのにはもう1つ理由がありました。「時差ボケ対策」です(日本との時差はマイナス19時間)。

 普段から、徹夜などで生活リズムが一度狂うと、翌日以降のやる気も注意力もダウン。とにかくパフォーマンスが下がり、復活にも時間がかかることは分かっていたので、あらかじめ調整日を入れておいたのです。

 午前0時(ホノルルは前日の午前5時)近くに離陸した飛行機の中では、現地時間を意識して仮眠をとる程度にとどめました。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.