日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!  > 2ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!

万全の準備でセンチュリーライドに挑んでみた

 中西奈美=日経Gooday

手厚いサポートで自転車もホテルに到着!

 ホノルル空港に着陸後、入国審査の手続きをしているうちに、バゲッジクレームのターンテーブルが回り始めていました。旅行用かばんは次々と出てきますが、自転車が出てくる気配が全くありません。近くの空港係員に聞くと、「預け入れ荷物とは別にエレベーターで降りてきますよ」とのこと。

 待っていると、エレベーターから自転車の入った箱が現れました。あった! 箱が潰れたり、歪んだりはせず、預けた時のままのきれいな状態。カートに乗せて税関を通過すると、出迎えてくれた現地のスタッフが預かってくれて、私は送迎用の車に乗り込みました。

 ホテルのチェッインを済ませ、日本から持ってきた荷物を部屋で広げていると、呼び鈴が鳴り、ダンボール箱に入ったまま自転車のお出ましです! 状態が心配だったのですぐに開封して、組み立てましたが全く問題なし。途中、離発着の空港内で自転車をカートで運んだだけだったので、いつもの海外旅行と手間はさほど変わりませんでした。

相棒を輪行用の段ボール箱から取り出したところ。異常はありません。
[画像のクリックで拡大表示]

3日目から朝の自主トレ開始! 右側通行を走ってみた

 到着した次の日は時差ボケで頭にモヤがかかったような状態だったので、自転車は部屋で眺める程度。そして3日目からは、早起きを兼ねて(センチュリーライド当日は4時起き!)ダイヤモンドヘッドの周りを走る、自主トレを決行です。スマートフォンの地図アプリを片手に、自転車で走れそうな道を探って進みました。

ハワイの道は自転車に寛大です。自転車専用レーンのほか、このような看板が立っています。(©Tom Grundy-123rf)

 アメリカでは車両は右側通行なので、車列の右側を走らなくてはいけません。でも、東京とは違い、いたるところに自転車専用レーンがありますし、「SHARE THE ROAD」と書かれた看板が車道に立っていて、自動車の運転手も理解があるように感じました。

 でも、右側通行ということは…「右足を着いて止まらなくてはいけない」と私は思い込み、停車の直前は常にヒヤヒヤしました。

 ちなみに、クロスバイクに乗っていた時に使っていたビンディングですが、ロードバイクでは、ホノルルに来る2週間前から使い始めたばかり(LOOK KEO クラシック2)。まだ右足を先に外して停まったことがありません。頭では「かかとを外側にずらすようにして外す」ことはわかっていてもうまく外れず、転倒しかけたので、無理はせずに左足を着いて停まることに決めました。自転車ごと倒れて、後続車にひかれてしまったら後がないですし…。

 さて、肝心な時差ボケは、到着した翌日が一番辛く、徹夜状態でその日はやり過ごしましたが、その次の日からは自主トレで朝日を浴びたためか、すぐに解消! いつもの自分を取り戻すことができました。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.