日経グッデイ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ロングライドに適した初心者向けの自転車って?

どこで乗る? どう使う? でスポーツバイクを選ぼう

 中西 奈美=日経Gooday

「スポーツバイクでセンチュリーライドをめざすぞ!」と決心したものの、スポーツバイクについては全くの無知。ママチャリライダーから見ると、「チャイルドシートや前カゴ、荷台がなく、細身の自転車(≠ママチャリ)がスポーツバイクなのかな?」という程度の認識しかなかったため、まずはバイクのお勉強から。

 「ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた」という本タイトル。もちろん、タイトル写真はこの連載にかける私の「気合い」を表現しただけで、さすがにママチャリでセンチュリーライドに挑むほど無謀ではありません。

 実は先日、このタイトル写真の撮影のため、わが愛車(ママチャリ)にまたがり、自宅から会社まで片道15kmの道のりをこいでみました。私のママチャリは、車体が30kgもある電動アシストつき。日頃は近所を走り回る私たち親子の心強い相棒なのですが、いかんせん、現状の私の体力を考えると、ロングライドには不向きなようです。後ろに子どもを乗せているわけでもないのに、会社にたどり着いた時には、もうヘトヘト。やはり、早くスポーツバイクを入手して、練習を始めなければ!と痛感したのでした。

 そこで、この連載のアドバイザーをお願いしている絹代さん(5ページ目のプロフィール欄参照)への取材を基に、スポーツバイクの種類と特徴についてまとめてみました。

走ることに特化したロードバイク

図1◎ 自転車マトリクス(絹代さんによる)
ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、ママチャリを比較してみた。(マウンテンバイクは用途が異なるため比較できない)
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツバイクはざっくりと、4つの車種に分けることができます(図1)。ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロ(小径車)です。“ざっくりと”と表現したのは、それぞれ明確な定義はなく、ハンドルやタイヤなどのパーツの違いがあいまいになってきているからです。

 まず、スポーツバイクの王道と言えばロードバイク。ハンドルの先端が下方に丸く曲がっているドロップハンドルが特徴です。速く、長い距離を走ることに特化した自転車で、車体が軽くなるよう工夫されています。自転車の本体部分であるフレームはアルミやカーボンなどの素材を使用し、全重量は6~12㎏ほど。タイヤは空気抵抗を抑えるため幅が細いもの(2.3~2.5cm)が主流です。走行性能に関係する変速ギア(ペダルを踏み込んだ力を変換して自転車の車輪に伝える装置のこと)は16~24段と多く設計されています。

 ロードバイクは、ドロップハンドルを握るため、体が深く前に倒れる前傾姿勢で乗ります。体の面積を小さくすることで空気抵抗が減り、効率の良い走行が可能になります。ギアを変えることで、平地の高速走行から登坂まで対応できます。ハンドルを握る位置によって上体をかがめたり起こしたりできるなど、走行中に姿勢が変えられるので疲れにくく、長時間乗るのに適しています。

 ただし、前かがみの不安定な姿勢は、腹筋や背筋などの体幹がしっかりしていない初心者にはつらいことも。タイヤが細く、スピードが出るため、コントロールに自信がない人には向かない車種です。また、非常に繊細なつくりであるためパンクしやすく、乱暴に扱わないなど乗り方に気をつける必要があります。

ロードバイクに向いている人

  • レースやロングライドへの出場を考えている人
  • 長い距離をラクに走りたい人

注目のロードバイク

ピナレロ「DOGMA F8」(ピナレロジャパン) 64万8000円~(税抜)
「ツール・ド・フランスを10度征したピナレロの最新モデル。新世代カーボンを採用し、軽量化や空力特性の向上など、さらなる進化を重ねている」(絹代さん、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
MASI「STRADA」(東商会) 12万円(税抜)
「最新のコンポーネントで組み上げながらも、’70年代風ロゴを配し、クラシカルなイメージを漂わせるクロモリ製のレトロロード」
[画像のクリックで拡大表示]

荒れた路面もタフに走れるマウンテンバイク

 草地や岩場、浅瀬など舗装されていない路面(オフロード)を走るのに適しているのがマウンテンバイクです。フラットバーハンドルと呼ばれる横一文字のハンドルは、微妙なハンドルさばきが必要な悪路でも操作しやすいのが特徴です。安定性や耐久性が求められるため、タイヤは太く、車体はどっしりと重たく作られています。衝撃を吸収するサスペンションがついていたり、悪路でも利くブレーキも欠かすことができません。

 坂を上る、ぬかるみを走るなど、舗装された道より走行に力が必要な場面が多いため、ペダルが軽いものから重いものまでギア比の幅が広く、負荷が少なくなるよう設計されています。また、タイヤは地面をとらえるのに適したブロックタイヤ(接地面にゴツゴツした凸ノブが並んでいる)で、パンクしにくい作りになっているのが特徴です。

 ただし、車体が重く、タイヤがゴツゴツしているため、そのままの装備では舗装路でのロングライドには向きません。

マウンテンバイクに向いている人

  • 路面を気にせず走りたい人など

注目のマウンテンバイク

メリダ「BIG.SEVEN TEAM」(ミヤタサイクル) 65万円(税込)
「27.5インチホイールを履き、過酷なコースにも耐える快適性とハンドリングを実現したカーボンフレームを採用、8.9kgと超軽量のチームスペックモデル」
[画像のクリックで拡大表示]
GT「AGGRESSOR COMP」(ライトウェイプロダクツ) 5万1800円(税抜)
「快適な街乗りができるよう、フロントのサスペンションも短めにし、路面抵抗の少ないタイヤを履いたアーバン型のMTB。27.5インチ」
[画像のクリックで拡大表示]

街乗りから長距離まで、クロスバイクはオールラウンダー

 ロードバイクの軽快さやスピード性、マウンテンバイクの安定感や耐久性、両者のいいとこ取りをしているのがクロスバイク。“横一文字”の形をしているフラットバーハンドルを採用している車種が多いため、操作性が良く、街乗りに最適です。タイヤの太さは2.5~3.5cm、ブロックタイヤに似ていますが舗装面での抵抗を抑えつつも丈夫さを兼ね備えたセミスリックタイヤ(タイヤ中央部には溝がなく、サイドにブロックが配置されているタイプ)がよく装着されています。フレームはアルミかスチールが多く、総重量は12~15㎏が一般的。安定感があり、乗った時の姿勢は、上体を起こすことができるため視界が確保しやすい長所があります。ギアやブレーキなどのコンポーネントはロードバイクに近く、ギアは6~24段階が一般的です。ロードバイクに比べて前傾姿勢はきつくないものの、快適に乗るためには自分の体にあったフレームの大きさを選ぶ必要があります。

 このようにいいとこ取りのクロスバイクですが、万能であるが故の物足りなさを感じてしまうことも多いそうです。車体の重量がスピードを出す上での障害になりやすく、ロードバイクに比べて走行効率が落ちてしまいます。

クロスバイクに向いている人

  • 初めてスポーツバイクに乗る人
  • 通勤通学など普段使いも大切にしたい人

注目のクロスバイク

KhodaaBloom「Rail 700SL-LTD」(ホダカ) 13万円(税抜)
「ロード用のコンポーネントが付き、細身のフレームで仕上げた軽量クロスバイク。フォーク、ハンドルにカーボンを使用。スポーツ走行にも対応可能」
[画像のクリックで拡大表示]
MarkRosa. STAGGERED(ブリヂストンサイクル)3万9810円~(税抜)
「またぎやすく、スポーツバイクビギナーにも抵抗なく乗れるおしゃれ街乗りクロスバイク。7段変速。泥よけやカゴ用の台も付き、実用性も高い」
[画像のクリックで拡大表示]

小さなホイールが個性的なミニベロ

 ホイール(車輪)が20インチ以下の個性的なルックスを持つのがミニベロ(小径車)。ベロ(velo)とはフランス語の自転車のことであり、ミニベロは“小さな自転車”を意味します。前述の3車種に比べると、デザインが凝っていてファッション性が高いのが特徴です。例えば、フレームとトップチューブがクロスしていたり、簡単に折りたたみできるものがあります。

 車体が小さいので、乗り降りがラクな上、方向転換やエレベーターに乗せるなど取り回しが簡単なのがメリットです。見た目にホイールが小さいので「ミニベロは進まないのでは?」と思われる方が多いようですが、前輪のギア(チェーンリング)が大きいものならしっかり走ることができます。レースに出られるような車種もあります。

 一部のミニベロを除き、適応身長の幅が広く設定されているので、家族で兼用も可能です。

ミニベロに向いている人

  • 気楽に乗りたい人
  • 小回りの効く自転車に乗りたい人
  • ファッションアイテムとして選びたい人

注目のミニベロ

BROMPTON M3L(ミズタニ自転車) 16万~17万円(税抜)
「世界的に人気の高い英国製の歴史ある折り畳み自転車。10秒程度で折り畳み、組み立てができ、畳んだ後もキャスターで引っ張って持ち運べる」
[画像のクリックで拡大表示]
BRUNO「Minivelo 20 Road」(ダイアテックプロダクツ) 7万円(税抜)
「細身のフレームと上品な色遣いで大人に人気のブルーノ。ドロップハンドルが付き、長距離やスポーツ走行も可能。ロードバイクに抵抗がある方にも」
[画像のクリックで拡大表示]

車種の選び方は用途や目的から決める

 スポーツバイクの車種がわかったところで、その選び方について絹代さんにインタビューしてみました。

                            

絹代さん、スポーツバイクを選ぶポイントを教えてください。

絹代 まず、どんな時に、どのように自転車を使うかを思い描くことが重要です。“速く、遠くまで”走ることにこだわりたいのか。それとも、通勤・通学や散策など街乗りがメーンで、荷物を載せることもあるのか―といった感じです。自動車に例えるともっとわかりやすいかもしれません。スーパーマーケットにスポーツカーで行くことは普通はないわけで、ちょっと乗るだけなら軽自動車が、キャンプや渓流渡りに使うのなら四輪駆動車が適していますよね。自転車選びも同じです。

センチュリーライドを完走するにはどの車種が向いていますか?

絹代 ロングライド(長距離走)に最も適しているのは、“走ることに特化した”ロードバイクです。もちろん、他の車種で完走できないわけではないのですが、走行効率を考えると、無駄がない車種の方が走るのに楽だと思います。

私のようなママチャリライダーには、ロードバイクの前傾姿勢はハード過ぎます。ハードルが高いような…。

絹代 そうかもしれませんね。たしかに、前傾姿勢の方が走るのには効率が良いのですが、それに慣れるには少し覚悟が必要かもしれません。今、ママチャリに乗っているのでしたら、扱い方や乗り心地が似ているクロスバイクから始めるのがいいのではないですか。

確かに、私が乗っているママチャリのハンドルはフラットバーハンドルなので、クロスバイクなら何とか乗れるのではないか?と思います。でも、街乗りを最優先したママチャリと違うところがありますね。

絹代 車体が軽かったり、スポーティな姿勢で乗ることなど、違うところはあります。ということで、次回はクロスバイクの乗り方を練習しましょう。

*    *    *

 解説してもらうと、街中を走るスポーツバイクを見る目も変わります。「ロードバイクでカッコよく走ってるなぁ!」「タイヤは何を履いているんだろう?」とスポーツバイクがグッと身近に感じられるようになりました。

 次回は、クロスバイクの選び方について解説していただきます。

(写真[人物]:横川 誠/[自転車]:各社提供)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。