日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ロングライドに適した初心者向けの自転車って?  > 5ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ロングライドに適した初心者向けの自転車って?

どこで乗る? どう使う? でスポーツバイクを選ぼう

 中西 奈美=日経Gooday

車種の選び方は用途や目的から決める

 スポーツバイクの車種がわかったところで、その選び方について絹代さんにインタビューしてみました。

                            

絹代さん、スポーツバイクを選ぶポイントを教えてください。

絹代 まず、どんな時に、どのように自転車を使うかを思い描くことが重要です。“速く、遠くまで”走ることにこだわりたいのか。それとも、通勤・通学や散策など街乗りがメーンで、荷物を載せることもあるのか―といった感じです。自動車に例えるともっとわかりやすいかもしれません。スーパーマーケットにスポーツカーで行くことは普通はないわけで、ちょっと乗るだけなら軽自動車が、キャンプや渓流渡りに使うのなら四輪駆動車が適していますよね。自転車選びも同じです。

センチュリーライドを完走するにはどの車種が向いていますか?

絹代 ロングライド(長距離走)に最も適しているのは、“走ることに特化した”ロードバイクです。もちろん、他の車種で完走できないわけではないのですが、走行効率を考えると、無駄がない車種の方が走るのに楽だと思います。

私のようなママチャリライダーには、ロードバイクの前傾姿勢はハード過ぎます。ハードルが高いような…。

絹代 そうかもしれませんね。たしかに、前傾姿勢の方が走るのには効率が良いのですが、それに慣れるには少し覚悟が必要かもしれません。今、ママチャリに乗っているのでしたら、扱い方や乗り心地が似ているクロスバイクから始めるのがいいのではないですか。

確かに、私が乗っているママチャリのハンドルはフラットバーハンドルなので、クロスバイクなら何とか乗れるのではないか?と思います。でも、街乗りを最優先したママチャリと違うところがありますね。

絹代 車体が軽かったり、スポーティな姿勢で乗ることなど、違うところはあります。ということで、次回はクロスバイクの乗り方を練習しましょう。

*    *    *

 解説してもらうと、街中を走るスポーツバイクを見る目も変わります。「ロードバイクでカッコよく走ってるなぁ!」「タイヤは何を履いているんだろう?」とスポーツバイクがグッと身近に感じられるようになりました。

 次回は、クロスバイクの選び方について解説していただきます。

(写真[人物]:横川 誠/[自転車]:各社提供)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.