日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ロングライドに適した初心者向けの自転車って?  > 2ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ロングライドに適した初心者向けの自転車って?

どこで乗る? どう使う? でスポーツバイクを選ぼう

 中西 奈美=日経Gooday

荒れた路面もタフに走れるマウンテンバイク

 草地や岩場、浅瀬など舗装されていない路面(オフロード)を走るのに適しているのがマウンテンバイクです。フラットバーハンドルと呼ばれる横一文字のハンドルは、微妙なハンドルさばきが必要な悪路でも操作しやすいのが特徴です。安定性や耐久性が求められるため、タイヤは太く、車体はどっしりと重たく作られています。衝撃を吸収するサスペンションがついていたり、悪路でも利くブレーキも欠かすことができません。

 坂を上る、ぬかるみを走るなど、舗装された道より走行に力が必要な場面が多いため、ペダルが軽いものから重いものまでギア比の幅が広く、負荷が少なくなるよう設計されています。また、タイヤは地面をとらえるのに適したブロックタイヤ(接地面にゴツゴツした凸ノブが並んでいる)で、パンクしにくい作りになっているのが特徴です。

 ただし、車体が重く、タイヤがゴツゴツしているため、そのままの装備では舗装路でのロングライドには向きません。

マウンテンバイクに向いている人

  • 路面を気にせず走りたい人など

注目のマウンテンバイク

メリダ「BIG.SEVEN TEAM」(ミヤタサイクル) 65万円(税込)
「27.5インチホイールを履き、過酷なコースにも耐える快適性とハンドリングを実現したカーボンフレームを採用、8.9kgと超軽量のチームスペックモデル」
[画像のクリックで拡大表示]
GT「AGGRESSOR COMP」(ライトウェイプロダクツ) 5万1800円(税抜)
「快適な街乗りができるよう、フロントのサスペンションも短めにし、路面抵抗の少ないタイヤを履いたアーバン型のMTB。27.5インチ」
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.