日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ロングライドに適した初心者向けの自転車って?
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ロングライドに適した初心者向けの自転車って?

どこで乗る? どう使う? でスポーツバイクを選ぼう

 中西 奈美=日経Gooday

「スポーツバイクでセンチュリーライドをめざすぞ!」と決心したものの、スポーツバイクについては全くの無知。ママチャリライダーから見ると、「チャイルドシートや前カゴ、荷台がなく、細身の自転車(≠ママチャリ)がスポーツバイクなのかな?」という程度の認識しかなかったため、まずはバイクのお勉強から。

 「ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた」という本タイトル。もちろん、タイトル写真はこの連載にかける私の「気合い」を表現しただけで、さすがにママチャリでセンチュリーライドに挑むほど無謀ではありません。

 実は先日、このタイトル写真の撮影のため、わが愛車(ママチャリ)にまたがり、自宅から会社まで片道15kmの道のりをこいでみました。私のママチャリは、車体が30kgもある電動アシストつき。日頃は近所を走り回る私たち親子の心強い相棒なのですが、いかんせん、現状の私の体力を考えると、ロングライドには不向きなようです。後ろに子どもを乗せているわけでもないのに、会社にたどり着いた時には、もうヘトヘト。やはり、早くスポーツバイクを入手して、練習を始めなければ!と痛感したのでした。

 そこで、この連載のアドバイザーをお願いしている絹代さん(5ページ目のプロフィール欄参照)への取材を基に、スポーツバイクの種類と特徴についてまとめてみました。

走ることに特化したロードバイク

図1◎ 自転車マトリクス(絹代さんによる)
ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、ママチャリを比較してみた。(マウンテンバイクは用途が異なるため比較できない)
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツバイクはざっくりと、4つの車種に分けることができます(図1)。ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロ(小径車)です。“ざっくりと”と表現したのは、それぞれ明確な定義はなく、ハンドルやタイヤなどのパーツの違いがあいまいになってきているからです。

 まず、スポーツバイクの王道と言えばロードバイク。ハンドルの先端が下方に丸く曲がっているドロップハンドルが特徴です。速く、長い距離を走ることに特化した自転車で、車体が軽くなるよう工夫されています。自転車の本体部分であるフレームはアルミやカーボンなどの素材を使用し、全重量は6~12㎏ほど。タイヤは空気抵抗を抑えるため幅が細いもの(2.3~2.5cm)が主流です。走行性能に関係する変速ギア(ペダルを踏み込んだ力を変換して自転車の車輪に伝える装置のこと)は16~24段と多く設計されています。

 ロードバイクは、ドロップハンドルを握るため、体が深く前に倒れる前傾姿勢で乗ります。体の面積を小さくすることで空気抵抗が減り、効率の良い走行が可能になります。ギアを変えることで、平地の高速走行から登坂まで対応できます。ハンドルを握る位置によって上体をかがめたり起こしたりできるなど、走行中に姿勢が変えられるので疲れにくく、長時間乗るのに適しています。

 ただし、前かがみの不安定な姿勢は、腹筋や背筋などの体幹がしっかりしていない初心者にはつらいことも。タイヤが細く、スピードが出るため、コントロールに自信がない人には向かない車種です。また、非常に繊細なつくりであるためパンクしやすく、乱暴に扱わないなど乗り方に気をつける必要があります。

ロードバイクに向いている人

  • レースやロングライドへの出場を考えている人
  • 長い距離をラクに走りたい人

注目のロードバイク

ピナレロ「DOGMA F8」(ピナレロジャパン) 64万8000円~(税抜)
「ツール・ド・フランスを10度征したピナレロの最新モデル。新世代カーボンを採用し、軽量化や空力特性の向上など、さらなる進化を重ねている」(絹代さん、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
MASI「STRADA」(東商会) 12万円(税抜)
「最新のコンポーネントで組み上げながらも、’70年代風ロゴを配し、クラシカルなイメージを漂わせるクロモリ製のレトロロード」
[画像のクリックで拡大表示]

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.