日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > センチュリーライドの前哨戦で100kmに挑戦して分かったこと
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

センチュリーライドの前哨戦で100kmに挑戦して分かったこと

「走ってみっぺ南会津」で一回り大きく成長?

 中西奈美=日経Gooday

本企画で完走を目指す「ホノルルセンチュリーライド2015」。そのイベントでは160km(100マイル)を走ることになりますが、これまでの最長走行距離が50kmの私にとっては無謀な挑戦かも…との心配が。アドバイザーをお願いしているサイクルライフナビゲーターの絹代さんに相談し、センチュリーライド出場前に国内で100kmのロングライドに参加しました。今回はその模様をお伝えします。

 クロスバイクから長距離向けのロードバイク(FELT ZW7)に乗り換えて丸3カ月。初めはハンドルの形の違い、ブレーキやシフトレバーの扱い方に戸惑ってばかりでしたが、クロスバイクで身に着けた基本のおかげで、意外に乗りこなしまでに時間はかかりませんでした。

 でもその次に立ちはだかった壁は、長距離を走り切るための体力。本企画の目標であるホノルルセンチュリーライド2015では最長の160km(100マイル)を完走したい…。その体力作りのため、絹代さんと一緒にアップダウンの多いコースを自転車で走った結果(参考記事「体力作りの自転車トレーニングで分かった3つの課題」)、「暑さ」「ハンガーノック」「上り坂」といった自分の弱点があらわに。「160kmは難しいかな」と、少し自信を失っていました。

 そのことを絹代さんに相談すると、乗りなれた自転車で参加できるサイクルイベントを紹介してくれました。なんと、最長のコースは100kmといいます。「100kmのロングライドを完走できたら、センチュリーライドへの自信になりますよ!」と絹代さん。

「充実したエイド」「2kmの上り坂×2」はアメとムチ?

 絹代さんから紹介してもらったロングライドは、7月20日、福島県南会津郡南会津町で開かれた「第4回 南会津ロードツアー『走ってみっぺ南会津!』」(一般での100kmコースの参加費:税込5000円)。会津高原たかつえスキー場の中にある建物「スペーシア」(標高約1000m)の前から出発し、南会津郡をぐるっと回って急流の景色やエイドステーションを楽しむというもの。イベント内では30km、60km、100kmといった3つのコースが設定されています。

第4回走ってみっぺ南会津のコース。私たちは水色の100kmコース完走を目指しました。(大会パンフレットより)
[画像のクリックで拡大表示]

 このツアーの目玉の一つは、なんといっても地元の名産品がふるまわれるエイドステーション。そば粉を使った“ばんでい餅”、冷やしきゅうりにトマト、そしてマトン丼…! 昨年も参加した絹代さんも「エイドステーションが充実しているから、楽しいですよ」と太鼓判を押してくれました。思わず私はニヤリ。「出ます」と即答です。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.