日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 初めてのロードバイク、ハンドル操作のコツは?  > 3ページ目

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

初めてのロードバイク、ハンドル操作のコツは?

ブレーキはどこ? ギアはどう変える?? ドギマギのロードバイクデビュー

 中西奈美=日経Gooday

[応用形1]リラックスした姿勢をとる時はフラット部分を握る

 頻繁なブレーキ操作やギア操作が必要ない道では、ステム(前輪の中央から伸びたフロントフォークの上端とハンドルを繋いでいる部分)からまっすぐ横に伸びた部分(上ハンドル)を握ると、基本の姿勢に比べて体の方に手が近づくため、上体が起きあがり、前傾姿勢を緩めて走ることができます。

FELT FW75/前傾を緩めるときのハンドルの握り方
ハンドルの横にまっすぐ伸びた部分を握って、前傾姿勢を緩めることも可能です。
[応用形2]より前傾を深めたい時は「下ハンドル」を握る

 ブラケットの先に伸びる「下ハンドル」を握ると手が下方に伸びるため、深い前傾姿勢をとることができます。長時間この姿勢をキープするのは難しいようですが、坂やダッシュしたい時などに効果的です。

FELT FW75/下ハンドルの握り方
基本姿勢よりアグレッシブに走りたい場合には、下ハンドルを握って前傾姿勢を深めます。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.