日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 初めてのロードバイク、ハンドル操作のコツは?  > 5ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

初めてのロードバイク、ハンドル操作のコツは?

ブレーキはどこ? ギアはどう変える?? ドギマギのロードバイクデビュー

 中西奈美=日経Gooday

【ステップ3】姿勢は「骨盤を立て、大きなボールを抱えるようなイメージで」

 ロードバイクでは前傾姿勢になるため、上体がハンドルの方に流れていきやすくなります。正しいポジションで乗るには次のことを意識するのが大切です。

  • サドルの上で骨盤を立てる感じで腰掛ける
  • 下腹部(丹田のあたり)を引っ込ませる
  • 骨盤より上の背中は丸める。反るのはNG
  • 肩から腕にかけて大きなボールを抱えるようにゆったりとハンドルを握る
前傾になりながらも、下腹に意識を集中させて走ります。
前傾姿勢になりながらも、下腹に意識を集中させて走ります。(絹代さん撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

ギアチェンジに戸惑いながらも、あっという間の20km

 ハンドル操作にも慣れてきたので、絹代さんと一緒に走ってみることにしました。川沿いの自転車道を縦列で走ります。

終盤では笑顔ができるほど、余裕が出てきました。(絹代さん撮影)
終盤では笑顔ができるほど、余裕が出てきました。
[画像のクリックで拡大表示]

 途中、ギアチェンジをしながら自転車の特徴や調子を探っていきます。大小どちらのレバーがシフトアップ(シフトダウン)か混乱してしまい、走りながらいたずらにガチャガチャとシフトレバーを操作する場面もありましたが、往復で20kmほど走り、この日の特訓は終了です。初めはおっかなびっくりだったロードバイクですが、最後にはハンドルを握る位置を変えられるほどに余裕が出てきました。

 さあ、センチュリーライドに向け、一歩前進しました。でも、まだ完走には体力が全然足りません。次回以降、絹代さんに自転車で長距離走るための体力作りについて、教えてもらおうと思います。

自転車:17万円(税別)(FELT ZW7

(写真:横川 誠)


絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

5/5 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.