日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業

ジグザグ上りで坂道にリベンジ

 中西奈美=日経Gooday

本企画のスタートとともに、クロスバイクに乗り始めてから半年が経ちました。初めは高いトップチューブに面喰い、乗り降りのたびに緊張していましたが、すっかりクロスバイクの取り回しにも慣れて走れる距離も伸びてきました。今回はアドバイザーをお願いしているサイクルライフナビゲーターの絹代さんに誘われて参加した、サイクリングツアーの模様をお伝えします。

 週末の早朝ライドがすっかり習慣になり、相棒のクロスバイク(CYLVA F24)と時間があれば20kmほど走っています。しかし、都内の道は朝とはいえ交通量が多く、信号で足止めを食らうため、「走りづらい」と思うことがしばしば。もっと自転車で思い切り走りたいことを絹代さんに相談すると、乗り慣れた自転車を連れて参加できるサイクルイベントを紹介してもらいました。

自転車ごとバスで移動するツアーに初参加

 絹代さんからお誘いを受けたライドは、4月18日、国際興業トラベル主催の「絹代さんと一緒に走ろう! 桜川の山桜&真壁の街並みサイクリング」(参加費:税込1万3800円)。つくば市を出発し、自転車用に整備されたつくばりんりんロードを北上。山桜や八重桜を鑑賞したり、真壁の街並みを散策しながら、ゴールの桜川市を目指すというもの。イベント内で走る距離は予定では47kmです。

 つくばりんりんロードは、1987年に廃線になった筑波鉄道の軌道を利用して作られたサイクリングロードです(正式名称は桜川土浦自転車道)。起伏やカーブが少なく、日本でも有数の“走りやすい”自転車道といわれています。

サイバスツアー行程表
[画像のクリックで拡大表示]
サイバスツアー地図
つくば市のスタート地点(旧筑波鉄道の筑波駅)からつくばりんりんロードを北上し、桜川市の岩瀬駅を目指します。走行距離は47kmです。(イベントパンフレットより)
[画像のクリックで拡大表示]

1/7 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.