日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業  > 5ページ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業

ジグザグ上りで坂道にリベンジ

 中西奈美=日経Gooday

初めて、前のギアを大きいものに切り変えた

 「遅れないように」と必死にペダルをこいでいると、同行した先輩ライダーたちから声をかけてもらいました。中でも多かったのは、ギアに関する指摘。

「ペダルが空回りしてるみたい。もう少しギアを重くしてみては?」

「坂道を走るには、もっとギアを軽くするとラクだよ」

 絹代さんからも、長距離をラクに走るために、これまで操作したことがなかった、前のギアを大きい(ギアの歯数が多い)方に変えて走ってみるようにアドバイスをもらいました。ペダルからの駆動力が直接伝わる、前のギアを大きい方に変えるとペダリングは重くなりますが、ペダル1回転あたりの進む距離が長くなり効率的になります。

 左手のシフトレバーを、力を込めて「ガチャッ」と入れ替えると、確かに走り始めは力が必要ですが、変える前より一漕ぎで進む距離が長くなりました。

クロスバイク/サイバスツアー
ギアの使い方を試行錯誤してみましたが…まだコツがつかめません。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、まだ坂道をスムーズに上り切るためのギアチェンジは苦手。コースの途中、さほど勾配がきつくない坂道で、重たいギアのまま気合だけで上り切ったり、坂道の途中で後のギアを軽くしてみたり、試行錯誤してみますが、まだコツがうまくつかめません。そうこうしているうちに…。

 なんと、コースの終盤に、10%の勾配がある大きな坂が待っていました。昨年秋、20㎞のポタリングに参加した時に、坂道で転んでひざを擦りむいたときのことが頭をよぎります(「転んで、濡れて、走り切った20km」)。「もうこれ以上進めないと思ったら、すぐに自転車を降りよう」と、私は心に決めて坂に挑みました。

 20メートル近く助走をつけて坂を上り始めますが、坂の真ん中あたりでペダルを踏み込んでも進まなくなってきた…。でもまだ諦めたくない。仕方なくハンドルを左右に切って、ジグザグに上ります。思わず「うおーっ」「それーっ」などと声を出しながら、なんとか自転車から降りずに坂を上りきりました。

クロスバイク/サイバスツアー
[画像のクリックで拡大表示]
クロスバイク/サイバスツアー
[画像のクリックで拡大表示]
坂道にチャレンジ! ジグザグ上りで何とか頂上まで行った私(左)に対し、絹代さんは余裕の笑顔(右)。

 坂のてっぺんで、息を調えていると後ろから絹代さんが余裕の表情で、坂を上ってきました。悪戦苦闘の末、上り切った私を見て「前回より進歩しましたね!」とお褒めの言葉をいただきましたが、私は肩で息をしているなんとも恥ずかしい姿…。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.