日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業  > 2ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業

ジグザグ上りで坂道にリベンジ

 中西奈美=日経Gooday

 このツアーの目玉の一つは、観光バスの低層部分を、自転車が乗せられるように改造したサイクリングバス。都内の集合場所まで参加者が自ら自転車を運んできた後、バスに積み込んで目的地まで運んでもらいます。「自分の乗り慣れた自転車を専門スタッフが積んで行ってくれるので、自家用車がない人でも自分の自転車で参加できますよ」と、絹代さんが勧めてくれました。

 そう、わが家は車を所有していないので、週末のライドはもっぱら自宅を起点にしたルートばかり…。そのことを少し残念に思っていたので、サイクリングバスを使ったイベントを絹代さんから教えてもらったときには、思わず身を乗り出していました。

 自宅から集合(解散)場所まで往復する距離を加えると、イベント当日の総距離は50km、早朝ライドの2.5倍の距離になります。でも、最近は体力がついてきている感じがしていたので、自分がどのくらい今、走れるのかを知るのにいい機会。しかも、「50km完走できたら、自信になりますよ! クロスバイクの卒業イベントにいいかもしれませんね」と、絹代さんから背中を押してもらい、参加を決めました。

 なにせ、センチュリーライドを走破するには、車体がより軽く、長距離走るのに向いたロードバイクにいずれ乗り換えることになっています(注:クロスバイクでセンチュリーライドを完走する人は大勢います)。「ホノルルセンチュリーライドにエントリーするなら、残された時間は5カ月しかないので、そろそろロードバイクに乗り換えておいた方がいいですよ」との絹代さんからのアドバイスもあったので、「このイベントで『50km完走』という思い出を作ってクロスバイクを卒業しよう!」と決意し、準備を進めました。

はじめての輪行スタイルに右往左往

 さて、当日は朝5時には自宅を後にしました。東京駅近くの集合場所まで、6kmほどの道のりをクロスバイクで移動しなければなりません。途中、曲がる交差点を間違えてしまい、通行人のいないオフィス街で迷子になりながらも、集合時間の6時10分には集合場所にたどり着きました。

 そこではすでに10人ほどが、乗車の準備を始めていました。自転車を毛布の上に置いて、何か作業をしています。

前輪と後輪を外したCYLVA F24/サイバスツアー
前輪と後輪を外した状態でバスに乗せます。ここまでするのに一苦労…。
[画像のクリックで拡大表示]

 「げっ!!!」。一瞬凍りつきました。なんと、前輪と後輪を外しているではありませんか。メカ音痴の私が、これまで「できればやりたくないな…」と避けていた“輪行(りんこう)”と同じスタイルです。

 輪行とは、公共交通機関を使用して自転車を運ぶこと。自転車を折りたたんだり、ホイールを外して、専有面積を小さくしてから乗り込むのが基本です。クロスバイクやロードバイクは、車輪とフレームに分解したものを、専用の袋に入れて運びます。

 以前、絹代さんにチューブ交換について教えてもらった時(「クロスバイクのチューブ交換、習うより慣れよ!」)に、ホイールの外し方も習ったのに、その日以来、ホイールを外したことはありませんでした。復習を怠った自分を反省。

 なんとか記憶をたどり、同行のカメラマンさんに手伝ってもらいながら、前輪と後輪を外し、積み込む形にすることができました。作業の途中、私たちが手間取っていると、このイベントに同行するサイクルサポーターと呼ばれる、自転車のメカニックに詳しい男性が「大丈夫ですか」と声をかけてくれました。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.