日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦  > 4ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦

ペダルを引き上げる力も有効に使う

 中西奈美=日経Gooday

ビンディング(SPD)の使い方

1.右足を接合させる

 自転車のフレームにまたがった状態で、右のペダルの金具にシューズの裏底のクリートがつくよう右足を乗せる。真上からペダルを踏み込み、カチッと音がしたらOK。

ペダルの金具とシューズのクリートを合わせて、ペダルを真上から踏み込むとカチッと音がして接合完了です。
[画像のクリックで拡大表示]
接合されたところ。シューズにペダルがぴったりくっついています。
[画像のクリックで拡大表示]

2.自転車を漕ぎ出し、左足を接合させる

 左足でペダルを踏み込む、あるいは右足の引き足を使って走り出す。バランスが安定したらサドルに腰をかけ、左足のビンディングを接合させる。右と同じように真上から力をかける。

3.外すときはかかとを外側にねじるように

 外すときはつま先は動かさず、かかとを外側に(右足は右側に、左足は左側に)ねじるように向けるとカチッと音がして外れる。

外すときはつま先を動かさず、かかとを外側にずらします。
[画像のクリックで拡大表示]

*絹代さんからのアドバイス*

 車のいない、安全な場所で付け外しの練習をしましょう。目標は足元を見なくても付け外しができるようになること。

 また、シューズは自分の足の大きさに合ったサイズを選びましょう。クリートの位置は調節できますが、靴が大きすぎて内側で足が遊んでしまうと、せっかく接合しても脚の力が伝わりきらなくなってしまいます。

 絹代さんに教えてもらい、ビンディングの扱い方は頭に入りましたが、まだ不安でいっぱい。これまでのように「案ずるより産むがやすし」となるのでしょうか!? ビンディングを使ったサイクリングは次回以降にレポートしたいと思います。

自転車5万3800円(税別)(CYLVA F24:ブリヂストンサイクル)

(写真:横川誠)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.