日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦

ペダルを引き上げる力も有効に使う

 中西奈美=日経Gooday

 毎週末、相棒のクロスバイクとの朝の遠出がすっかり習慣となりました。ウォーミングアップで心も体も“乗るモード”に早変わり。ペダルをこぎ始めますが、後続の自転車に追い抜かされ、自分が思うほどよく走れていないことを実感…。今回は効率よく自転車で走るためのコツについて絹代さんに聞きました。

自転車に乗る前にウォーミングアップとストレッチを行うとケガの予防になります。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の記事(「ケガ予防にも効くサイクリング前のウォーミングアップ」)では自転車に乗るためのウォーミングアップとストレッチについて絹代さんに教えてもらいました。朝、起きがけにウォーミングアップをしてから自転車に乗ると、体の目覚めが早く、「運動するぞ!」というモードへ切り替わります。家の中で体を軽く動かしておけば、外の寒さはへっちゃらになりました。

 クロスバイクの取り回しにも慣れ、次に気になってきたのは、効率よく走る方法です。

 重量30キロのママチャリに比べたら、愛車(CYLVA F24)自体はとても軽く走りやすいのですが、思ったよりスピードが出ません。後ろから走ってきた自転車に抜かされることもしばしば…。途中信号で止まったりしますが、1時間で進める距離は10km程度です。

踏み込むペダリングではなく、クルクル回す

 絹代さんにクロスバイクで思うようなスピードで走れていないことを相談してみました。

 「自分ではペダルを必死でこいでいるつもりですが、疲れる割に進んでいないような気がします…。ペダリングのコツはありますか?」

絹代さん 「もしかして、重いギアで走っていませんか? ペダルは軽いギアでクルクルとリズミカルに回すと良いですよ。さらに脚の血液やリンパの流れが良くなって、美脚効果も狙えます」

 「え!? 今まで、少し重めのギアでペダルを踏み込んで走るのが良いのかと思っていました…」

 絹代さんによると、脚の筋肉に負荷をかけるような乗り方は、疲れてしまい効率が良くないとのこと。電動アシスト付きのママチャリでは、ペダルに負荷がかからないとアシストされないので、ペダルを踏み込む乗り方が染み付いていました。

絹代さん 「あくまでも目安ですが、1分間当たり90回転ぐらいをキープすると、筋肉と心臓への負担のバランスが適度だと言われています」

 「乗っている間に回転数を数えるのは難しいですね」

絹代さん 「回転数でなく、テンポで覚えるといいと思いますよ。例えば、AKB48の“ヘビーローテーション”のテンポに合わせて、1拍で半回転ペダルを回すと、90回転に近くなります(*)」

 「それは覚えやすいですね! ギアもそれに合わせて変えていくと良さそう…」

絹代さん 「そうです。例えば坂道では、入る前にギアを変えて、回転数が下がっても70〜80くらいでキープするくらいの気持ちで乗るといいですよ」

*曲のテンポがBPM(Beats Per Minute:1分間における拍数)180に近い曲に合わせてペダルを回すと、90回転に近づく計算です。車輪に取り付けて回転数を計測する機器もありますが、初心者には機器の取り付けは難しく、テンポで覚える方が分かりやすいようです。

[画像のクリックで拡大表示]
こいでいる割にはなかなか進んでいないような気がします。後続自転車から抜かれることがよくあります。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.