日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

愛車も私もパワーアップ! ビンディングペダルに挑戦

ペダルを引き上げる力も有効に使う

 中西奈美=日経Gooday

 毎週末、相棒のクロスバイクとの朝の遠出がすっかり習慣となりました。ウォーミングアップで心も体も“乗るモード”に早変わり。ペダルをこぎ始めますが、後続の自転車に追い抜かされ、自分が思うほどよく走れていないことを実感…。今回は効率よく自転車で走るためのコツについて絹代さんに聞きました。

自転車に乗る前にウォーミングアップとストレッチを行うとケガの予防になります。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の記事(「ケガ予防にも効くサイクリング前のウォーミングアップ」)では自転車に乗るためのウォーミングアップとストレッチについて絹代さんに教えてもらいました。朝、起きがけにウォーミングアップをしてから自転車に乗ると、体の目覚めが早く、「運動するぞ!」というモードへ切り替わります。家の中で体を軽く動かしておけば、外の寒さはへっちゃらになりました。

 クロスバイクの取り回しにも慣れ、次に気になってきたのは、効率よく走る方法です。

 重量30キロのママチャリに比べたら、愛車(CYLVA F24)自体はとても軽く走りやすいのですが、思ったよりスピードが出ません。後ろから走ってきた自転車に抜かされることもしばしば…。途中信号で止まったりしますが、1時間で進める距離は10km程度です。

踏み込むペダリングではなく、クルクル回す

 絹代さんにクロスバイクで思うようなスピードで走れていないことを相談してみました。

 「自分ではペダルを必死でこいでいるつもりですが、疲れる割に進んでいないような気がします…。ペダリングのコツはありますか?」

絹代さん 「もしかして、重いギアで走っていませんか? ペダルは軽いギアでクルクルとリズミカルに回すと良いですよ。さらに脚の血液やリンパの流れが良くなって、美脚効果も狙えます」

 「え!? 今まで、少し重めのギアでペダルを踏み込んで走るのが良いのかと思っていました…」

 絹代さんによると、脚の筋肉に負荷をかけるような乗り方は、疲れてしまい効率が良くないとのこと。電動アシスト付きのママチャリでは、ペダルに負荷がかからないとアシストされないので、ペダルを踏み込む乗り方が染み付いていました。

絹代さん 「あくまでも目安ですが、1分間当たり90回転ぐらいをキープすると、筋肉と心臓への負担のバランスが適度だと言われています」

 「乗っている間に回転数を数えるのは難しいですね」

絹代さん 「回転数でなく、テンポで覚えるといいと思いますよ。例えば、AKB48の“ヘビーローテーション”のテンポに合わせて、1拍で半回転ペダルを回すと、90回転に近くなります(*)」

 「それは覚えやすいですね! ギアもそれに合わせて変えていくと良さそう…」

絹代さん 「そうです。例えば坂道では、入る前にギアを変えて、回転数が下がっても70〜80くらいでキープするくらいの気持ちで乗るといいですよ」

*曲のテンポがBPM(Beats Per Minute:1分間における拍数)180に近い曲に合わせてペダルを回すと、90回転に近づく計算です。車輪に取り付けて回転数を計測する機器もありますが、初心者には機器の取り付けは難しく、テンポで覚える方が分かりやすいようです。

[画像のクリックで拡大表示]
こいでいる割にはなかなか進んでいないような気がします。後続自転車から抜かれることがよくあります。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.