日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > ケガ予防にも効くサイクリング前のウォーミングアップ  > 2ページ
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ケガ予防にも効くサイクリング前のウォーミングアップ

“エンジン”となる下半身、凝りがちな肩周りのストレッチを

 中西奈美=日経Gooday

絹代さんオススメ! 自転車のためのウォーミングアップ

 乗る前に体を温めながら伸ばすと、筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を広げるため、ケガの予防になると絹代さんは話します。「具体的には自転車のエンジンとなる太もも、ふくらはぎ、お尻といった下半身を中心に、乗る前にウォーミングアップすると良いでしょう」(絹代さん)

 ウォーミングアップは、体を動かす(筋肉を伸び縮みさせる)ことで筋肉を温める方法で、主に乗る前に行います。

ウォーミングアップ1 もも上げ

 天井から頭から吊られているような感覚で、背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、片方の膝を高く上げて下ろします。脚を交互に上げてその場で足踏みをします。

もも上げ
片方の膝を高く上げて下ろします。脚を交互に上げてその場で足踏みをします。
[画像のクリックで拡大表示]

ウォーミングアップ2 膝抱え

 背筋を伸ばして立ち、膝を曲げた脚の太ももを胸に引き寄せるように片足で立ちます(写真左)。このまま前方に脚を下ろし、反対の脚を上げて下ろします。さらに、膝を外側に向けて脚を持ち上げると、ぺダリングでよく使うお尻の深いところにある筋肉(梨状筋)を温めることができます(写真右)。

膝抱えとその応用
膝を曲げた脚の太ももを胸に引き寄せるように片足で立ち、前方に脚を下ろします。これを左右交互に繰り返します。
[画像のクリックで拡大表示]
膝を外側に向けて脚を持ち上げると、ぺダリングでよく使うお尻の梨状筋(りじょうきん)を温めることができます。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.