日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > クロスバイクのチューブ交換、習うより慣れよ!  > 5ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

クロスバイクのチューブ交換、習うより慣れよ!

初めての作業…チューブを外す、入れるのに苦戦

 中西奈美=日経Gooday

ビードの引き出し方、チューブの入れ方が難しい!

 絹代さんに目の前でやりながら説明をしてもらった後は、私が実践する番…。「じゃあ、やってみましょうか!」と絹代さんに促され、これまでの手順を大急ぎで頭の中で振り返り、愛車のタイヤの前に立ちました。

 いざ、ホイールを外し、タイヤレバーをタイヤの隙間に挿入するところまではうまくできたのですが、ホイールからビードを引き出すのに一苦労…。

力が入る手の平でタイヤを押す方が効率よく作業が進みます。
[画像のクリックで拡大表示]

 というのも、タイヤがクロスバイクにありがちな“頑丈で硬め”だったのです。両手の親指でタイヤを向こうに押しますが、なかなかリムの上にビードが顔を出してくれません。苦戦している私に、「手のひらでタイヤを押し出す方が、力が入ってビードが出てきますよ」と絹代さんがアドバイスをくれました。確かに手のひらで力を入れて倒した方が、力を込められるので、リムからビードが出てきやすい! さらに、ホイールの下端を、床や自分のお腹にしっかりと押さえ付けて作業をするとより力が入ります。ホイールからビードが出てくるにつれて、初めほど力がいらなくなっていきました。

 指でタイヤとリムの間に隙間を作りながら、やっとのことでチューブを取り出し、いよいよ新しいものを入れる段階に。私がタイヤの内側にチューブがきちんと入っているかをいちいち確かめながら入れ込んでいると、「確認はタイヤにチューブを全部入れ込んでからで大丈夫」と絹代さん。

 実践の前に、お手本を見せてもらいながら絹代さんから聞いた、「せっかく交換したチューブも、タイヤとリムの間に挟んだことに気付かず、空気を入れた途端に、その部分が破裂することがある」という一言が妙に気になってしまい、せっかくの苦労を無駄にしないように、念入りにチェックしていたのです…(意外と心配性なのです)。

 チューブの交換に正味20分くらいかかりましたが、なんとかひとりでチューブ交換を終えることができました。手は汚れるし、冬場だと手がかじかんで大変そう…と考えると、非常事態ではない時に練習しておくことができて良かったと思います。もちろんパンクしないことに越したことはありませんが、一通りやっておくと、ピンチの時に役に立ちそうです。

 これ以来、週末に愛車と出かけるときは、チューブとタイヤレバー、ポンプをお供にしています。出番があっては困りますが、お守りのような存在です。

 なお、今回はやりませんでしたが、後輪の外し方は自転車の取扱い説明書やウェブなどに書いてあるので、チェックは必須です。不安なことは自転車専門店にあらかじめ相談しておくと、“備えあれば憂いなし”ですね。

自転車5万3800円(税別)(CYLVA F24:ブリヂストンサイクル)

(写真:横川 誠)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター・健康管理士・自転車活用推進研究会理事・飯田市エコライフコーディネーター
絹代(きぬよ) 1975年横浜市生まれ。東京大学農学部卒業後、国際協力事業団(JICA)勤務を経て、英国大学院で身体運動と栄養について学ぶ。自転車ロードレースの実業団、日本代表の広報スタッフも経験。現在は雑誌、TV、ラジオなどのメディア、各種イベントで、MCや、自転車フィットネスの提案を行うなど、自転車を軸に健康、美容、エコのフィールドで活躍中。また、自転車を使った町おこしや、女性のためのイベント、子ども自転車教室のスタッフも務めるなど、自転車の活用や普及、啓発のためにも積極的に活動している。近著に『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう!』など(ともに枻出版社)がある。

先頭へ

前へ

5/5 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.