日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > 転んで、濡れて、走り切った20km  > 5ページ目
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

転んで、濡れて、走り切った20km

坂道や雨との戦い…温かいコロッケが救いに

 中西奈美=日経Gooday

大勢で走る心強さ

 悪戦苦闘する私にお天道様が同情したのか(?)、1時間ほど昼食を取りながら休憩すると、雨が上がりました。また降られないうちにゴールにたどり着こうと、当初のルートを短縮して(ポタリングでは、走る人の状況に合わせてルートを短くすることも可能)ゴールまでの道を8人、縦列で走り始めました。坂道や雨といったピンチを切り抜けた安心感からか、雨が上がった帰りの平坦な道は余裕を持って走ることができました。

「雨が上がっているうちに、ゴールを目指そう!」と8人が縦列で走ります。
[画像のクリックで拡大表示]
ゴール間近の橋の上。海を見る余裕が出てきました。
[画像のクリックで拡大表示]

 トータルで20kmのポタリング、無事終了です。出発から4時間が経っていました。

 ゴール地点で待っていたのは、「完走証」。20㎞なんて、自転車に乗る人なら大した距離ではないかもしれませんが、初めてスポーツバイクで走り切ったという達成感は何ともいえず嬉しかったです。

「ポタリング25kmコース」の完走証。雨のため途中、ショートカットしてしまい、実際には20㎞しか走っていませんが、初めて手にした完走証にやり遂げた感が募ります。
[画像のクリックで拡大表示]

 当日、8人で走ることになり、初心者であるが故のプレッシャーが強かったのですが、「ペースは速すぎない?大丈夫?」「ちょっと慣れてきたみたいだね」などと声をかけてもらったおかげで、肩の力を抜いて走ることができました。また、これから自分も挑戦するであろう、ロードバイクに乗っている仲間の姿を目の当たりにし、チャレンジ意欲が燃えてきました。

 さて、イベントの翌日に筋肉痛になるかと思いきや…生活に支障が出るようなトラブルは皆無でした。自転車を押して坂道を上ったからでしょうか。擦りむいた右膝はしばらく痛みましたが(涙)

 今回のポタリングで、坂道の攻略法や雨の日対策など、次の課題が見えてきました。今後、絹代さんにこれらについて指導してもらうつもりです。

ライドの目玉はエイドステーションのスイーツたち!
 

 今回、参加したのは「スウィーツ・ライド」ということもあり、エイドステーションでは地元・神奈川のお菓子や軽食が提供されていました。新鮮卵を使ったプリンやワッフル、温かさが染みた牛肉コロッケのほか、江の島名物シラスを使ったカレーパンやアジサイをかたどったサブレ…など、筋肉を使ったカラダが欲しがるものばかり。

 「自転車で走ったんだし、ちょっとだけならご褒美もいいよね…」と言い訳をしながら、気がつけば全制覇。それでも足らず、サブレを1枚、帰り道のお供にさせてもらいました。

エイドステーションでは「スウィーツ・ライド」の目玉、甘味や軽食が提供されていました。雨宿りも兼ね、多くのライダーが身を寄せています。
[画像のクリックで拡大表示]
雨で体が冷えたライダーから人気だったのは、温かい牛肉コロッケ。
[画像のクリックで拡大表示]
25kmのエイドステーションでは、約10種の食べ物・飲み物が並んでいました。
[画像のクリックで拡大表示]

 エイドステーションではありませんでしたが、行く道の途中、創業300年の老舗和菓子屋「力餅屋」で求肥力餅が振る舞われました。その後の走る力になったことは言うまでもありません!

創業300年の老舗和菓子屋「力餅屋」
[画像のクリックで拡大表示]
こしあんがたっぷり乗った求肥餅に、取材のことを忘れ、絹代さんと大はしゃぎ。
[画像のクリックで拡大表示]

 取材協力:日本旅行

 自転車(絹代さん)6万円(税別)(Rail 700:ホダカ)、(記者)4万8000円(税別)(Rail 700A):ホダカ)

絹代(きぬよ)さん
サイクルライフナビゲーター
絹代(きぬよ)さん 1975年生まれ。東京大学農学部出身。国際協力事業団(JICA)を経て、タレントとして活躍。講演会やスポーツイベントのMC、自転車ロードレースの広報活動もこなす健康管理士。1児の母でもある。2004年にクロスバイクでホノルルセンチュリーライド(160km)を完走。2007年からロードバイクに乗り始める。『自転車でカラダとココロのシェイプアップ』『自転車と旅しよう』『自転車のフィッティングがわかる本』(いずれも枻出版)、『チャリーナのための自転車BOOK』(幻冬舎エデュケーション)など自転車に関する書籍を多数手掛ける。 (写真:横川 誠)

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.