日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ

手の動きは小さめに、無限大のマークを描くのがコツ

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 前回から始まった平泳ぎのレッスン。「足首の動きが硬い人はマスターが遅い」という中央大学水泳部の高橋雄介監督の指摘にドキッとしたが、「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」といった一連のキックの動作は何とかマスターできた。ただ、前回は腕のストロークなしでビート板を使った練習だったため、キックが下手な記者は推進力が弱く、下半身がすぐに沈んでしまう状態だった。

ストロークの前段階、スカーリングで進む

 そこで今回のレッスンでは、ビート板を外して腕のストロークの動きを取り入れつつ、息継ぎをしながら泳ぎを継続することを目指す。具体的には、「スカーリング」という体をスムーズに進ませるための腕の動きを学ぶ。「このスカーリングによって手のひらで水をとらえる感覚をつかみ、推進力の高いストロークへと発展させていきます」(高橋監督)。

 まずはプールサイドで、高橋監督にスカーリングの動きのお手本を見せてもらった。

平泳ぎのスカーリングの腕の動き
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)両方の手のひらを外側に向けた状態で“谷”の形をつくる。(3)(4)その状態で手のひらで水を外側に押し出すように左右へ広げる。(5)(6)両腕を120度くらいに広げたら、逆に両方の手のひらで“山”の形をつくるように、水を内側へ寄せていく。両手が近づいたら、(1)から同様に繰り返す。

 一見、両方の手のひらを外側に広げたり、内側へ寄せたりといった動きを続けるだけのような気がしたが、実際にやってみると手のひらで谷や山の形を作るのには慣れが必要だった。また、肘の位置を動かさずに手のひらを動かすのも結構難しいので、繰り返し練習する必要があった。

プールサイドでスカーリングの動きを高橋監督に教わる
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)手のひらが完全に外側を向かないようにして、両手で“谷”の形をしっかり作る。(3)(4)肩から肘までは動かさず、肘から手先だけを動かす。

手のひらで無限大のマークを描く

 続いて、プールに入り、高橋監督のスカーリングのお手本を見せてもらった。下の写真では腕の動きを分かりやすくするために、足をプールの壁際に固定してもらったが、実際はこのスカーリングだけでゆっくりと進むことができる。

 「慣れてきたら、手のひらで無限大のマーク(∞)を描くイメージで上下の動きも加えてみましょう」と高橋監督から次の課題が…(下の写真、ビデオを参照)。スカーリングの奥は深い!

プールの中で高橋監督のスカーリングを拝見
[画像のクリックで拡大表示]
(1)~(5)慣れてきたら、手を外側に広げる際に、それぞれの手を上げて下げる(山を書く)ように動かす。(6)~(9)手を内側に寄せる際には、それぞれの手を下げて上げる(谷を書く)ように動かす。全体を通じて、手のひらで無限大のマーク(∞)を描くイメージとなる。
高橋監督による平泳ぎのスカーリングのお手本
水の粒を手のひらで感じながら、無限大のマーク(∞)を描くイメージで手を動かす。

 記者もプールに入ってスカーリングの練習に取り組んだ。最初はプールで立った状態で腕の動かし方を教わる。「水の粒を手のひらで感じながら、水をなでるように動かして下さい」と高橋監督。手のひらで無限大のマーク(∞)を描く動作もやってみた。確かにこうすると、谷や山の形を作った手の平で、水をしっかりととらえやすくなる。

プールに入って手のひらの感覚を教わる
(1)手を外側に開くときには、親指と人差し指で水の抵抗を感じながら、なでるイメージ。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)手を内側に寄せるときは、小指側でなでるように動かす。
[画像のクリックで拡大表示]

両腕は視界に入る範囲でかくと楽

 スカーリングの感覚が何となくつかめてきたところで、次は泳ぎのレッスンだ。まだまだ推進力が弱くて下半身が沈みやすいので、股にプルブイをはさんで浮きやすくした状態で、腕の動きを練習する。泳いでいる状態だと、どうしても早く進もうとして腕を大きくかこうとしてしまうが、そうすると水の抵抗を大きく感じて、楽に進めなくなってしまう。「両腕が大きく開いたときでも100~120度くらい、わかりやすく言えば両腕が視界に入る程度までに収めるのがコツです」(高橋監督)。

プルブイを股にはさんでスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
両腕を視界に入る範囲で小さく動かすのが、楽に進むためのコツだ。

 楽に進めるようになってきたら、息継ぎを入れる練習に移る。きちんとした平泳ぎでは、「1回の腕のストロークごとに息継ぎを入れるのが最も速く泳げる」(高橋監督)。しかし、スカーリングの段階では、手のひらを離して近づける動きを3回繰り返す度に、1回の息継ぎを行う。息継ぎの際には、近づけた両手を胸の近くまで引き寄せ、その反動で顔を上げて呼吸する。

スカーリングの合間に息継ぎ
[画像のクリックで拡大表示]
スカーリングを3回行った後で、両手を胸の近くまで引き寄せ、その反動で顔を上げて息継ぎする。両手で水を押さえつけるようにしてもよい。
平泳ぎのスカーリングをしながら息継ぎの練習
スカーリングの段階では、手のひらを離して近づける動きを3回繰り返す度に、1回の息継ぎを行う。息継ぎの際には、近づけた両手を胸の近くまで引き寄せ、その反動で顔を上げて呼吸する。

 次回は腕のストロークのレッスンで、平泳ぎを完成させる予定です。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。